「お役所仕事」の問題点とは?公務員の仕事は楽なのか?【10月6日は役所改革の日】

pak86_nayamubiz20131223_tp_v

10月6日は役初改革の日です。

1969年のこの日、千葉県松戸市役所に「すぐやる課」ができたことにちなみます。

これは当時の松本清市長の提案によって実現したもので、役所の縦割り行政では対応できない仕事に、すぐ出動してすぐに処理をするという目的で作られた課でした。

ちなみにこの「まつもときよし市長」の名前に聞き覚えはありませんか?

実はこの方、あのドラッグストア「マツモトキヨシ」の創業者でもあるんです、知ってました?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

お役所仕事が叩かれる理由と改善方法

日本が不景気になって以降、特に公務員は「高給取りの癖に仕事しない」とよく叩かれています。

でも公務員=仕事しないというイメージが先行し、なぜ公務員が叩かれているのか、そして公務員の仕事の実態を分からず叩いている人も多いようです。

ここでは公務員が叩かれる主な理由を挙げてみます。

動きが遅い

公務員は仕事が遅いと言われます。

例えば、1つの物事を決めるのに何日も時間がかかったりしますよね。

緊急時に相談に行っても、すぐに対応してもらえず住民としてはイライラしてしまいます。

なぜこのようなことになるのかと言うと、公務員は自分1人の裁量で物事を決めることができないからです。

全ての決定に上司の許可が必要で、例えば備品の鉛筆1本買うのですら、上司のハンコを貰わなければいけません。

これは公務員が法律に則って仕事をしなければならないためで、住民対応をしている直接の職員がいくら急いだところで、上司がハンコを押してくれない限り動けないんですね。

上司が不在の場合、決定がどんどん遅れてしまうことになってしまうんです。

緊急的な対応については、上司の許可なしでも事前に決めた対応ができるようにするなど工夫が必要だと思います。

対応が悪い

動きが悪いと併せて良く言われるのは「職員の態度」についてですね。

住民が聞いたことについて杓子定規な答えしか来ない、融通がきかないといった不満が多いです。

これも、公務員が法律に則った業務をしなければいけないということと繋がっています。

住民側からすれば「少しくらい融通きかせてよ」と思うところですが、住民全体に公平にサービスを提供しなければいけないという立場上、なかなか対応を変えることができないんですね。

もし、1人を特別待遇してしまうと他の人にもやらないといけなくなってしまいます。

ですが、これはそういった「なにをしてくれるか」が問題でないことも。

公務員の上から目線の態度やがまともに話を聞かない姿勢に苛立つ人も多く、その辺りは民間のサービス業同様、住民の話に耳を傾け真摯に対応していく教育をもっとしていく必要があると思います。

縦割り行政

例えば同じ介護の相談でも内容によって、福祉課だったり、保険年金課だったりとたらい回しにされることがあります。

これは住民にとっては面倒ですし、あっちこっちにたらい回しにされその都度窓口で待たされるのはイライラしますよね。

これがよく批判される「縦割り行政」の弊害です。

縦割り行政とは、「○○の業務は××課」「●●の業務は□□課」ときっちり分けられていることです。

分けられていることには問題がないのですが、○○と●●が関連する内容であっても、××課と□□課の情報共有がされていないと、住民に余計な手間をかけさせたり、両課で同じような活動を行い無駄になったりと色んな弊害が出てきてしまうのです。

これを解決する手段は1つ。

関連する課同士で密接に情報共有し、合わせてやれることは一緒にやることです。

言うのは簡単ですが、どちらの課がどこまでの業務をするか、とかこれも結構揉めるんですけどね…。

ただ、近年では多くの国や自治体が縦割り行政の弊害を無くすために努力はしていますし、昔ほど酷い状態ではなくなりつつあります。

今後ももっと部署同士の風通しを良くして情報共有を行っていく必要があるでしょうね。

公務員の仕事は楽?

公務員は楽そう、とよく言われます。

しかしこれは今では全く間違った認識ですね。

多くの自治体で近年の若手公務員はかなり激務です。

なぜなら、採用数がどこの自治体も減っており、1人当たりにかかる仕事量が増えているから。

そして自治体の仕事量は年々増えています。

一方で公務員給与は若手のうちはそれほど多くはありません。

ですから、「公務員=楽で高給取り」と思って入庁してしまうと痛い目に遭うかもしれません。

長年務めてようやく給料が高くなるのが公務員の特徴なので、若手のうちはとにかく踏ん張っていくしかないですね。

まぁ稀に楽な部署もあるらしいですが…そういった部署はそう遠くないうちに淘汰されていくと思います。