栞菜智世が新人なのにタイアップ付きまくりなワケとは?3rdシングルがドラマタイアップに!

img_lgeszqs049m

出典:http://kannachise.com/

栞菜智世(かんなちせ)の3rdシングル「Heaven’s Door 〜陽のあたる場所〜」が日本テレビの水曜10時ドラマ「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」の主題歌に決定しました。

このドラマは石原さとみ主演で文章の誤りを見つけ正す「校閲」にスポットを当てたドラマです。

さて、そんな大抜擢を受けた栞菜智世、皆さんご存じでしょうか?

おそらく漢字の読み方も分からない人がほとんどじゃないでしょうか?(笑)

それもそのはず。

実はまだ今年の3月にデビューしたばかりの新人歌手で、まだ3枚のシングル、アルバムは0枚のアーティストなんです。

しかし、この3rdシングル以外にも1stシングルが映画「僕だけがいない街」の主題歌になったり、異例の厚遇ぶり。

確かに歌は上手だし、ビジュアルも歌手とは思えないほどに良いのですが、そんな人は芸能界に沢山います。

彼女がごり押しとも思える応援を受ける理由とは何なのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

栞菜智世のプロフィール

その謎を探るためにまずはプロフィールを見てみましょう。

栞菜智世 (かんなちせ) 本名:生田若菜 (いくた わかな)

生年月日:1994年1月14日(22歳)

出身地:福島県

身長:155cm

スリーサイズ:B82cm W58cm H83cm

血液型:B型

2014年の「第39回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを受賞し、芸能界デビュー

2016年3月、1stシングル「Hear~信じあえた証~」で歌手デビュー

2016年8月、2ndシングル「Blue Star」発売
MVにおのののかが出演して話題に!

栞菜智世はホリプロスカウトキャラバンで優勝してた!

という訳で、もうお分かりですね。

彼女は2014年、生田若菜という名前でホリプロスカウトキャラバンに出場し、グランプリを取っていたのです。

なんか、2年でもの凄い大人っぽくなりましたね。

ホリプロスカウトキャラバンは、1976年から続く伝統あるコンテストで、現在活躍中の女優・タレントも沢山ここから出ています。

石原さとみ、深田恭子、足立梨花、小島瑠璃子などなど…。

これを見ても分かる通り、ここでグランプリを取った人はホリプロの全面的なプッシュを受けることができ、売れることがほぼ確定する訳ですね。

栞菜智世はこれまでの先輩とは少し違って歌手の道へ進みましたが、それでもタイアップなどホリプロからの全面協力が得られているってことです。

今回はドラマのタイアップですし、ここから人気が出てもおかしくないですね。

しかし、いくら大きなバックアップを受けているとはいえ、最終的には実力がなければ世間に認められることはありません。

栞菜智世がこれから自力でどこまで登れるのか、彼女の歌声に期待しましょう。