Bリーグ開幕戦まであと3日!チーム名と特徴を予習しよう!

basketball-400906_1280

日本の新しいプロバスケットリーグ「Bリーグ」がいよいよ3日後に開幕します!

これまでバスケットのリーグは「NBL」と「bjリーグ」という2つのリーグが分裂しており、サッカーや野球に比べ地味な存在でした。

この2つのリーグを統合し、それぞれのチームをB1・B2・B3の3つに分けたのがBリーグです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

B1の18クラブを一気に紹介!

B1・B2・B3というのは、JリーグのJ1~J3と同じと捉えて大丈夫です。

つまり、B1の試合では国内の最高峰の選手が集まっているってことですね。

ここでは、そんなB1リーグの全18チームをご紹介します。

B1リーグは東地区・中地区・西地区の3つの地区に6チームずつが分かれます。

試合自体は全地区のチームとやっていきますが、順位は地区ごとにきまります。

そして最後に各地区の上位2チーム+各地区の3位以下のうち上位2チーム(ワイルドカード)でその年の優勝を決めるチャンピオンシップを行います。

つまり、優勝するためにはその地区で2位以内(最悪3位)に入らなければならないということ。

2016年のBリーグ元年のチームは以下の通りです。

東地区

レバンガ北海道

レバンガ北海道は、2011年に北海道で生まれたプロバスケットボールクラブです。

クラブ名は「がんばれ」の逆さ言葉。道民から「がんばれ」と応援してもらえるクラブであり続けるという誓いが込められています。

ホーム:北海きたえーる

チームカラー:グリーン・ラベンダーパープル

仙台89ERS

ホームタウンである宮城県仙台市は1889年の「市制町村制」施行と同時に誕生し、市制100周年にあたる1989年に政令指定都市となりました。

「89」という数字は仙台市のスタートを象徴する数字であると考えられます。

新しいプロバスケットボールクラブが仙台市に誕生するにあたり、市民と球団が一体感を持てるようなクラブでありたいという願いを込めて、クラブ名称を89ERS(エイティナイナーズ)と命名しました。

ホーム:カメイアリーナ仙台

チームカラー:ナイナーズイエロー

秋田ノーザンハピネッツ

「秋田ノーザンハピネッツ」は、クラブに関わるすべての人々と幸せを共有できるような存在でありたいという願いのもと命名されました。

市民クラブクラブの先駆けであるラグビートップイーストリーグ所属の「秋田ノーザンブレッツR.F.C」と同じ「ノーザン」を冠することで『スポーツを通じて秋田を元気にしていきたい!』という想いを共有し、地域の人々に愛されるクラブづくりを目指します。

ホーム:CNAアリーナ★あきた

チームカラー:ハピネッツピンク・いなほゴールド・ノーザンブラック

栃木ブレックス

BREAK THROUGH(現状を打破する)という言葉の発音からつくった造語です。

既成概念を打破し、スポーツ界、バスケ界、そして栃木に風穴をあけたい!という思いを込めています。

REXという言葉は、ラテン語で王者を意味しています。BasketballのREX=B-REX=バスケットボールの頂点を目指すという意思を込めています。

ホーム:ブレックスアリーナ宇都宮

チームカラー:ネイビーブルー・黄色

千葉ジェッツ

成田国際空港があり、日本の国際窓口である千葉県。

その象徴とも言えるジェット機に、子供たちの夢、千葉県民の希望をのせて日本のみならず、世界に飛び立てるクラブを目指すという想いを込めて命名しました。

ホーム:船橋アリーナ

チームカラー:白金・赤

アルバルク東京

“アルバルク”は”電撃”を意味するアラビア語を英文字表記した言葉。

電撃的プレーを披露するクラブの意気込みを表わすと同時に、Al=The、V=勝利、ark=箱船で”勝利を運ぶ箱船”という意味を併せ持っている、奥深い名称です。

ホーム:国立代々木競技場第二体育館

チームカラー:濃緑

中地区

サンロッカーズ渋谷

“太陽(リング)を揺らす”激しいダンクを狙い撃つ集団という意味を込めて命名しました。

ホーム:青山学院記念館

チームカラー:黄色

川崎ブレイブサンダース

『ブレイブサンダース(BRAVE THUNDERS)』とは、最後まであきらめず勇敢に戦っている戦士を意味しています。

ホーム:川崎市とどろきアリーナ

チームカラー:えんじ・白

横浜ビー・コルセアーズ

総応募数455件の熱い思いを結集できないかを考え、応募されたクラブ名の頭文字を組み合わせて、分解、編集し、強くてカッコイイ、意味のある言葉、言霊となる単語を考えた結果、「B-CORSAIRS」となりました。

CORSAIRSは海賊達、海賊船団という意味です。

ホーム:横浜国際プール

チームカラー:ネイビーブルー

新潟アルビレックスBB

新潟アルビレックスBBは、1954年に発足した大和証券男子バスケットボール部を引継ぎ、2000年に日本初のプロバスケットボールクラブとして発足しました。

アルビレックスは、”アルビレオ”(白鳥座のくちばしにオレンジとブルーに輝く二重星)と”レックス”(ラテン語で王者の意味)の造語です。

アルビレオが更にパワーアップしてバスケット界の王者に向かって羽ばたくという意味があります。また、新潟アルビレックスBBは地域に根差した総合クラブとして、サッカーJ1のアルビレックス新潟とクラブ名を共有しています。

ホーム:シティホールプラザ アオーレ長岡

チームカラー:オレンジ・ブルー・ホワイト

富山グラウジーズ

北陸初のプロスポーツクラブとして、2006年よりbjリーグに参戦し、活動を開始。

雄大な立山連峰に生息する県鳥である”ライチョウ=Grouse”にあやかり、Grouses(グラウジーズ)と命名しました。

ホーム:富山市総合体育館

チームカラー:グラウジーズレッド

三遠ネオフェニックス

ヨーロッパの伝承にも登場する、永遠の時を生きるという伝説上の鳥「不死鳥」。

クラブ名にある「フェニックス」創設時の「OSGフェニックス」から、bjリーグ「浜松・東三河フェニックス」を経て、「三遠ネオフェニックス」へと受け継がれました。

この「フェニックス」には、「決してあきらめず勝利に向かって飛び続ける、不死鳥のように・・・」という願いが込められています。

また、「ネオフェニックス」の「ネオ」はギリシャ語で新しいを意味し、これまでの不死鳥は新たに再生を遂げ、バスケットボール界の新たな時代を力強く羽ばたいていくという決意が表れています。

このクラブを通じて、本拠地「三遠」という愛知県東三河地域と静岡県遠州地域の架け橋となり、共にスポーツを通じ成長しあうことを目指す象徴となります。

ホーム:豊橋市総合体育館

チームカラー:フェニックスレッド・フェニックスイエロー

西地区

シーホース三河

三河の雄・徳川家康の居城を籠城と言い、加えて創部当初よりバスケットを応援し続けた名誉相談役の誕生年が辰年であることに因んで「シーホース(タツノオトシゴ)」と命名しました。

龍のように強く、勇ましく成長して欲しいという願いが込められています。

ホーム:ウィングアリーナ刈谷

チームカラー:黒・白

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(名古屋D)は、名古屋市内にある三菱電機株式会社のバスケットボール部を母体とした約65年の歴史を持つクラブです。

「ダイヤモンドドルフィンズ」には、水の中を泳ぐイルカのようにコートを走り、そして、ダイヤモンドのように強く光り輝くという意味を込めております。

そして、ホームタウンである「名古屋」を全国へ、世界へ発信すべく、名古屋ダイヤモンドドルフィンズとしました。

また、名古屋地区の小さなお子様から大人まで、皆様の夢を拓いて、皆様のシンボルとして強くて愛されるクラブを目指し、名古屋地区の輝かしい豊かな未来社会の実現に貢献して参ります。【Dream of NAGOYA】

ホーム:愛知県体育館

チームカラー:水色

滋賀レイクスターズ

2008年創設の滋賀県唯一のプロスポーツクラブ。

雄大な琵琶湖をはじめとした自然豊かな滋賀県の広い夜空にきらめく星々のように、クラブ・選手・ファンが星(star)となり、そこに関わるすべての県民とともに輝いていくことができるようにという願いが込められています。

ホーム:ウカルちゃんアリーナ

チームカラー:青

京都ハンナリーズ

京ことば「はんなり」から命名。

「はんなり」とは「上品で明るく華やかなさま」を表しており、まさに日本の都と言われた歴史ある京都にふさわしい言葉です。

また、忘れ去られようとしている古式ゆかしき言葉をクラブ名に表現することで文化の継承に役立ちたい、という思いを込めました。

ホーム:ハンナリーズアリーナ

チームカラー:青・黒・白

大阪エヴェッサ

七福神のお一人で商売繁盛の神様である「戎様」を大阪では親しみを込めて「えべっさん」とお呼びするところから、人情・笑い・商売の街大阪を活気づける存在であることを願い命名しました。

ホーム:府民共済SUPERアリーナ

チームカラー:ブラック・レッド・ゴールド

琉球ゴールデンキングス

沖縄は遡ると琉球王国であったという歴史に由来したチーム名であり、王(キング)という響きに力強さと風格が感じられ、 bjリーグの中でもキングのような存在になって欲しいという願いの込められたチーム名です。

ホーム:沖縄市体育館

チームカラー:ゴールド

イメージだけで強そうなチームを大胆予想!

先に断っておきますが、私は日本のバスケを見たことがありません!

ですので、ここでは↑のイメージと有名な情報だけで勝手に強そうなチームを予想してみたいと思います。

まずは東地区。

栃木ブレックスにはNBAで活躍した田臥選手が所属しています。

もちろん、それだけでこのチームが強いとは言い切れませんが、田臥選手はある意味Bリーグの顔とも言える存在ですので、是非栃木ブレックスには活躍して欲しいと思いますね。

あと、秋田ノーザンハピネッツ…。

他のチームがカッコいい系の名前なのに、1つだけなんだか可愛らしい名前で、チームカラーも可愛さ全開です。

一体どんなチームなのか非常に気になります。

続いて中地区。

新潟アルビレックスはJリーグの「アルビレックス新潟」と名前をシェアしているようですね。

こういう一体感があると地元のおじいちゃん、おばあちゃんでも覚えやすいかもしれません。

ちなみにこのチームにはイケメンPG、五十嵐選手が所属しています。

中地区は完全に田舎v3チーム vs 都会3チームに分かれていていますよね(笑)

(田舎チーム超頑張れ!!)

最後は西地区

西地区は愛知・関西…(中国・四国・九州飛ばして)…沖縄の6チームです。

偏りが凄い!

この中で目立つのはやっぱり滋賀ですかね。

他の地方は野球やサッカーや芸能が強いので、何もない滋賀には是非頑張ってほしいです。

役に立たないばかりか、ほとんど予想もしていないですが…。

何にしても開幕戦楽しみにしましょう。

テレビでは開幕戦フジテレビ系にて18時30分からとなっています。