カッコいい苗字の特徴とデメリット【9月19日は苗字の日】

mkj_ryoutedemeishiwowatasu_tp_v

9月19日は苗字の日です。

1870年のこの日、太政官布告により平民も苗字を名乗ることが許されたことにちなんで苗字の日になったようです。

しかし、苗字に関連した記念日は年に2回あります。

それが2月13日の「苗字制定記念日」です。

これは、1970の布告が出されても平民の多くが苗字を名乗ろうとしなかったため、1875年2月13日に、全ての国民が姓を名乗ることが義務づけたことを記念する日となっています。

まぁいきなり苗字を名乗れ!と言われてもどんな風に苗字をつけていいか分かりませんよね。

苗字の由来を見ても、かなり適当につけているのがわかりますし、ここでつけた苗字が百年以上も使われるとは当時の平民は思っていなかったのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

かっこいいと思われる苗字は?

現在、日本の苗字は29万以上もあると言われています。

「佐藤」「鈴木」といった一大勢力から、超マイナーな苗字まで日本中には沢山ありますが、中にはちょっと憧れるようなかっこいい苗字ってありますよね。

Gooランキングで2014年に調査されたカッコいい苗字ランキングではトップ10が以下のような結果になっています。

10位 五十嵐(いがらし)

9位 二階堂(にかいどう)

8位 桜庭(さくらば)

7位 西園寺(さいおんじ)

6位 佐伯(さえき)

5位 一之瀬(いちのせ)

4位 一条(いちじょう)

3位 如月(きさらぎ)

2位 橘(たちばな)

1位 結城(ゆうき)

このランキングはなんとなく納得できる方も多いのではないでしょうか?

かっこいいと思われる苗字には次のような特徴がありそうです。

レアな苗字

こういうランキングで佐藤・鈴木といったメジャーな苗字はまず出てこないのは誰もが納得することだろうと思います。

「希少性のある苗字」というのはかっこいい苗字の大前提と言えそうです。

漢字の読み方が少し特殊な苗字

1文字1文字では訓読みでも音読みでもそのようには読まないという特殊な読みを持つ苗字も多く入っています。

五十嵐、桜庭、如月などはそういう特殊な読みの響きがかっこよさに繋がっていそうですね。

漢字3文字の苗字

日本の苗字は漢字2文字のものが圧倒的に多いと思いますが、上記のランキングでは漢字3文字のものが4つもランクインしています。

なんとなくですが、漢字3文字以上の苗字は高貴な印象があるんですよね。

創作物の登場キャラクターの苗字

創作物の登場キャラクターには比較的マニアックな苗字を当てられることが多いです。

そのキャラクターに人気が出ると、その苗字が一気に知れ渡り、良いイメージのまま世間に定着することもありますよね。

上記のトップ10にある全ての苗字が漫画・映画・ドラマのキャラクターに1度は使われたことがあるものばかりです。

創作物のイメージの力はすごいですね!

かっこいい苗字のデメリット

カッコいい苗字はうらやましいと思いがちですが、実はデメリットも存在します。

それは本人がかっこいい苗字のイメージと比較されてしまう、ということ。

想像してみてください。

結城という苗字なのに、油ギッシュのブサイク

西園寺という苗字なのに、めちゃくちゃ貧乏

なんか分からないけどがっかりしませんか?(笑)

このように本人が「苗字負け」してしまう可能性もあるため、カッコいい苗字であるのも考えものかもしれませんね…。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする