沖縄のUMA、キジムナーの正体は精霊?未知の生物?

photo0000-2032

フジの「世界の何だコレ!?ミステリー」にてキジムナーというUMAが紹介されていました。

高校時代のりゅうちぇるも目撃したと発言するなど、かなり目撃情報の多いUMAのようですね。

キジムナーとは一体なんなのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

キジムナーの伝承

character_kijimuna

キジムナーは木の精霊で、ガジュマルの古木にいるとされています。

外見はサルのようで、赤い毛に全身覆われています。

いたずら好き・人懐こい性格のため、昔から人と関わりを持つことも多いようです。

キジムナーと仲良くなり、一緒に漁に行くと大漁に約束されますが、毎日漁に誘ってくるので人間と喧嘩になりがち。

キジムナーが苦手とするタコ・ニワトリ・熱い鍋蓋・オナラをすることで、関係を断つことができますが、その後は様々な呪いが降りかかると言われています。

伝承上では結構可愛らしい精霊のようですが、呪いは、家が没落したり、死んだりとかなりヘビーな呪いらしいので安易に仲良くなるのはちょっと怖いですね。

本土のUMAである河童とは人間と関係性が近いことなど類似点が多く指摘されています。

キジムナーの目撃情報

キジムナーはかなり多くの目撃情報があるUMAです。

もともと、キジムナーの名前の由来は沖縄県国頭郡大宜味村の喜如嘉(きじむか)であるとされています。

しかし他にも奄美大島、沖縄半島にも出没した情報があり、沖縄のかなり広範囲に生息しているようですね。

沖縄では最も知名度の高いUMAのため、様々なマスコットキャラクターの元ネタにもなっています。

番組でも述べられていましたが、これだけ多くの目撃情報があるキジムナーは妖怪というよりも未知の生物の可能性もありそうです。

まぁ割と現実的な姿をしていますし、赤毛のサルなんて木の上にいても全然おかしくないですよね。

もし沖縄に行くことがあった是非お会いしてみたいものです(笑)