もしもの時の為に公衆電話のかけ方を覚えておこう!【9月11日は公衆電話の日】

ook151013320i9a0106_tp_v

9月11日は公衆電話の日です。

伝習電話の前身、「自動電話」が1900年日本で初めて設置されたのが9月11日であったことからこの日が公衆電話の日となりました。

1900年当時は、まだ電話交換手がいる時代。

電話をかけると電話交換手に繋がり、「○○に繋いでください」と言ってお金を支払い、相手の電話に繋いでもらっていたのです。

今考えれば超面倒ですね…。

1925年になって電話番号を入力すると自動で繋がる電話が登場しました。

ここから「自動電話」が「公衆電話」と名前を変えたようです。

そして、今や公衆電話を使う人もほとんどいなくなりました。

みんなが自分の携帯電話を持ち、いつでも電話をかけられるからですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

もしもの時の公衆電話の使い方

携帯電話があるお陰で現在の10代・20代は公衆電話を使ったことがない人も多いと思います。

しかし、連絡しなければならなくなった時、突然携帯電話が使えなくなることも考えられます。

また、携帯電話が故障していなくても、災害時には非常に繋がりにくくなる欠点があります。

公衆電話の使い方を覚えておくと、このようないざという時に役に立つかもしれません。

通常の公衆電話の使い方

公衆電話は10円・100円玉、もしくはテレホンカードを使うことでかけることができます。

ですが、公衆電話を知らない人がテレホンカードを持っているとは思えないので、今回は硬貨を使った利用法をご説明します。

↓の写真に沿って説明していきますね。

20121115_195449

①まず、公衆電話に小銭を入れる部分がありますので、ここに10円玉もしくは100円玉をいれてください。(10円玉1枚では通話時間がかなり短いので予め複数枚入れておいた方が良いと思います)

②受話器を手に取ります。

③ボタンを押して電話番号を入力してください。
携帯電話のようにディスプレイに数字が出ないので、押し間違いに注意!

受話器を耳に当て、呼び出し音がなっていればかかっていることになります。
繋がったらそのまま電話をしてください。

ちなみに同じ市内であれば10円で1分、市外であればもっと短い時間となりますので、電話が長くなりそうなら切れる前に硬貨を追加するようにしてください(投入した硬貨分の時間が過ぎるとなんの合図もないまま切れてしまいます。)

④受話器を元の位置に戻すことで通話を終了させることができます。
余ったお金が④からお釣りとして出てきます。
取り忘れのないようにしましょう。

緊急時の公衆電話の使い方

緊急時には無料で警察、消防・救急、海上保安などに電話することができます。

方法としては受話器を取り、⑤の赤いボタンを押してください。

その後、110(警察)、119(消防・救急)、118(海上保安)のボタンを押せば繋がります。

また、災害時には他の場所にも無料で電話することができることがあるそうです(かけ方は通常時と同じで硬貨を入れる必要がありますが、通話が終わると戻ってきます)。

特に災害時に心強い存在となる公衆電話、普段は使うことはなくても使い方は覚えておきましょうね。

あなたは大丈夫ですか?↓↓↓
30代独身は危険信号!?未婚で孤独死に陥らないために今からすべきこと
“晩婚化”と言われて30代でも結婚していない人が増えてきています。 ↓のグラフは国勢調査を元に内閣府がまとめた1960年から2...
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする