マンホールカードって知ってる?実はこんな活用法も…【9月10日は下水道の日】

gulli-1059799_1280

9月10日は下水道の日です。

1961年当時、諸外国に大幅に遅れを取っていた下水道の普及のため、建設省(現、国土交通省)と厚生省(現在は環境省に移管)によって定められました。

当時の下水道の普及率はなんと6%。

55年経った今では考えられない数字だったんですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

マンホールカードって知ってる?

下水道と言えば、道路のあちこちにあるマンホールが思い浮かびます。

以前テレビ番組で、外国人にマンホールのデザインが人気という内容を見たことがあります。

その時は、「ほんまかいな…」と話半分で聞いていたのですが、その話は割とマジだったようで、下水道広報プラットフォームが“マンホールカード”なるものの配布を今年4月から始めました。

マンホールカードはご当地マンホールの蓋デザインをそのままカードにしたもので、日本全国でその土地のマンホールカードが配布されています。

先日「中居正広のミになる図書館」でも取り上げられ、ジワジワ人気が出始めているようです。

これまで配布されたマンホールカード一覧

2016年4月に始まったマンホールカード配布。

4月から始まった第1弾では全国で30種類のカードがありました。

mh_card_pr2

8月からは第2弾の配布もスタート!

新たに44種類のカードが加わりました。

004

という訳で、現在は74種類のマンホールカードが配布中です。

マンホールカードは郵送などで送って貰うことはできず、指定された場所に取りに行くことでのみ無料で入手可能です。

ちなみに配布は1人1枚となります。

マンホールカードの配布場所はこちら↓に全て記載されていますよ。

マンホールカードの配布場所及び配布時間帯等の情報

マンホールカードで小遣い稼ぎも!?

このマンホールカード、現地にまで取りに行かなくてはいけないということで、全国飛び回るのは結構大変ですよね?

そんな中、コンプリートを目指す人が活用するのが、ネットオークションです。

既にヤフオクではマンホールカードが数多く出品されており、1枚2,000~4,000円程度で取引されています。

もしあなた自身がカードに興味がなくても貰っておくとお小遣い稼ぎができるかもしれませんね。

ヤフオクの「マンホールカード」出品状況

手始めに、ご近所のマンホールカードを貰いに行ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする