高畑裕太が釈放!不起訴処分とはどういうもの?なった理由とは?

gavel-1017953_1280

高畑容疑者が不起訴処分となり、釈放されました。

前橋地検、高畑裕太さんを不起訴処分に 午後に釈放される

これまでの報道では、本人も罪を認めているなどという情報があり、起訴確定みたいな感じだったのですが、今回なぜ不起訴処分となったのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

不起訴とは?

不起訴とはその名の通り、起訴されず裁判にならない処分です。

基本的に不起訴処分がでた時点で、その刑事事件は終了となります。

起訴が確定すると99.9%の確率で有罪判決が出るといわれており、起訴と不起訴はまさに「天国と地獄」というくらいの違いがあるものなのです。

弁護士ドラマではよく法廷で争うイメージがありますが、実はこの時点で既にほとんど決着はついてしまっているんですね。

不起訴となる3つの理由とは?

不起訴を獲得するには、次のいずれかの理由が必要となります。

嫌疑なし

逮捕されたものの、罪を犯していないことが明らかになった場合です。

要するに誤認逮捕ですね。

別の真犯人が見つかったり、犯罪自体が虚偽だったりする場合がこれに該当します。

嫌疑不十分

日本の刑法には「疑わしきは罰せず」という大原則があります。

つまり、「犯罪を犯しているっぽい」だけではだめで、充分な証拠がなければ起訴することができないのです。

起訴猶予

罪を犯したのは確実、だけど今回だけは見逃そうというのが起訴猶予です。

窃盗・障害など軽い罪の場合は、本人が深く反省している、被害者と示談が成立している、再犯の意志がないなどと判断されれば起訴猶予を得られる可能性が高いんですね。

不起訴処分全体の90%以上が起訴猶予を理由としたものと言われています。

今回の高畑容疑者の事件も被害者との示談が成立したということで、恐らくは起訴猶予による不起訴処分だと思われます。

ただ、報道にあったような「強姦致傷罪」では示談が成立していても、起訴は免れません。

取り調べの中で罪状が軽いものに変化し、更に被害者との示談によって、合わせ技で起訴猶予が確定したと見て良いでしょうね。

弁護士からはこのようなコメントも出ています。

高畑裕太さん釈放「高畑さんは合意があるものと思っていた可能性が高い」弁護人コメント

起訴は免れたと言え、これだけ大々的に報道され国民全体に「性犯罪者」のイメージを植えつけられてしまった以上、彼の未来はとても険しい道になることは間違いないでしょうね。