残業規制を強化!?で36(サブロク)協定とは何?

N934_akusyusuruhutaribiz_TP_V

政府が36(さぶろく)協定の見直しを検討しているようです。

政府が残業規制を強化へ…上限設定、罰則も検討

安倍内閣はこれまで働き方改革実現推進室を設置し、「同一労働同一賃金」を掲げたりしていますが、結構ガチで働き方の抜本改革を進めようとしているみたいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

36協定とは?

労働時間は基本的に1日8時間、週40時間を限度と定められています。

これを越える労働は、基本的には例え残業代を支払うとしても認められないんですね。

労働基準法違法となり、30万円以下の罰金、または6カ月以内の懲役に課されます。

でも、多くの会社で普通に40時間以上働いていますよね?

これは例外的に残業や休日出勤を認める36(サブロク)協定を締結しているためなんです。

36協定は使用者(経営者)と労働者の間で結ばれる協定で、この手続きを行うと、時間外労働を月45時間まで行わせることができるようになります。

また、「特別な事情がある場合」には45時間という制限はなくなり、無制限で残業や休日出勤を行わせることができます。

皆さんの会社は特別な事情がないのに、45時間以上残業していることはありませんか?

多分そういうことも多いでしょうね。

また、最悪の場合36協定すら結んでいない会社もあるかもしれません。

このように割とザルな法律になっているのが現状です。

残業規制で取り締まりを強化したらどうなる?

今回の残業規制が現実になり、36協定に制限を加えることになったら働き方はどうなるのでしょうか?

政府が目指しているのは恐らく

  • 企業が雇う人数を増やす
  • 非正規の短時間雇用が増え、色んな職場をかけもちするなど様々な働き方が可能になる
  • どのような働き方でも同一労働同一賃金で賃金が安すぎるといった問題を出さないようにする

このような形を目指しているんだと思います。

こうなれば、短時間しか働けない子育て世代の奥様や高齢者雇用にとっても働きやすくなりますし、言うことないのですが…。

ネット上ではこの規制に対して色んな不安の声も上がっています。

残業規制しても実質変わらないのでは?

・これまでと同様、労働基準監督署がまともに機能しないのであれば、こうなる可能性は高いですね。

サービス残業が増えるだけでは?

・これも可能性としては濃厚ですね。

労働基準監督署が仕事をするかどうかにかかってきます。

残業代が減って生活がきつくなるのでは?

・残業代目当ての人の見方ですね。

個人的には残業代より早く家に帰りたいのでこれはどうでもいいです(笑)

これまでの日本の労働環境があるので、この残業規制に関しては現状では不安な見方が多くなっています。

ただ、今回の政府の働き方改革は結構本気みたいですし、「同一労働同一賃金」で非正規寄りの賃金に設定されるようなことさえなければ、労働者にとって良い改革になるのかな?と期待しています。