スポーツクライミングが東京オリンピック種目に!どんな競技?日本にメダルの可能性は?

PAK75_borudaringukabe_TP_V

2020年の東京オリンピックの追加種目として、野球・ソフトボール・サーフィン・スケボー・スポーツクライミングの5競技が選ばれました。

聞き馴染みのあるスポーツが多い中、一つだけあまり聞き慣れないのが「スポーツクライミング」という競技ではないでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

今回はそんなスポーツクライミングを調べてみました。

スポーツクライミング=ボルダリング?

ボルダリングっていう競技を聞いた事はないですか?

高い壁にボコっとした突起(ホールド)があり、それを手がかりに登っていくスポーツです。

最近はボルダリングができるジムなんかもあるみたいですね。

実はボルダリングもスポーツクライミング中の1つの種目なんです。

ルールは指定されたマークが付いたホールドのみを使って壁を登っていくというもの。

ホールドとホールドの距離が離れていたり、いじわるな付き方をしているので、空中でアクロバティックな姿勢をしたり、頭を使って登っていかなくてはいけないんですね。

この課題を時間内にいくつクリアできるかで勝敗が決まります。

他にもスポーツクライミングには「ロープクライミング」と呼ばれるロープをかけて登る種目もあります。

こちらは、ボルダリングの倍以上の壁を登ることになります。

ロープクライミングには2種類の種目があり、一つは自分でロープを引っかけて命綱を作りながら登る「リード」でこれはどれだけ登ったかの高さを競う種目となっています。

もう一つはてっぺんに取り付けられたロープを使いながら登る早さを競う「スピード」です。

日本人選手にメダル候補はいる?

さて、かなり気が早いですが、気になるのはメダル候補の選手が日本人の中にいるか、ということだと思います。

結論から言いますと、かなりメダルの期待大な選手がいます!

中でもこれまで一番の実績を誇るのが、野口啓代(のぐちあきよ)選手。

noguchiakiyo
引用 https://www.climbing-net.com/general/%E9%87%8E%E5%8F%A3%E5%95%93%E4%BB%A3%E3%81%AB%E6%95%99%E3%82%8F%E3%82%8B%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%89%8D/

国内外の大会で優勝しまくっています!(Wikipediaを見てもらえば凄いことが分かると思います)

最もメダルに近い人と言えるのではないでしょうか?

続いて注目なのが野中生萌(のなかみほう)選手ですね。

nonakakihou
引用:http://matomail.biz/matome/5988445402154692162

野中選手も2014年以降国際大会で上位入賞している選手で、今年5月のワールドカップでは遂に初優勝しています。

現在19歳で東京オリンピックのある4年後は23歳。

年齢的にも実力的にも多いに期待できますね!

他にもスポーツクライミングの注目選手は沢山いますが、日本人は女子クライマーの方が注目度は高そうです。

力強い女子クライマーを是非応援しましょう!