カップヌードルの謎肉祭が開催されるから、謎肉の都市伝説をまとめてみた

minced-meat-1568992_1280

みんな大好きカップヌードルの謎肉!

一時期はコロチャーというマガイモノに変わったことで批判を浴びていましたが、今回カップヌードル45周年ということで、謎肉が10倍増量のカップヌードルが発売されることになりました!

謎肉10倍のカップヌードル発売 45周年記念、なぜ謎肉?日清に聞く

「謎肉」と言っても今や正体は全然謎ではなく、記事にある通り、ダイスミンチというものです。

ダイスミンチは味付けした豚肉と野菜などを混合してフリーズドライ加工したものだそう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

「謎肉」の都市伝説

このダイスミンチが公式で発表されるまで、ネット上では様々な都市伝説が囁かれていました。

そんなファンが名付けたカップヌードルの肉の名前こそ「謎肉」だったのですね。

ファンが名付けた名前を公式が逆輸入したのです。

で、今回はそんな「謎肉時代」にネット上で囁かれていた都市伝説をご紹介します。

当然ですが、全部嘘ですよw

大豆説

大豆を固めて肉の食感を生みだしているという説。

これは恐らく公式が発表した「ダイスミンチ」を「ダイズミンチ」と読み違えたところから来ているのではないでしょうか?

確かに食感は肉っぽくないとも感じますし、大豆だよと言われたら信じてしまいそうではありますね。

食用ミミズ説

これは確か、マクドナルドのハンバーカーでも言われていた気がします。

謎の肉はなぜかミミズになってしまう運命なんですね。

これ、もし本当だとしたら逆にコスト高くなりそうなんですが…。

ミートキューブ説

ミートキューブとは、藤子・F・不二雄の短編漫画「カンビュセスの籤(くじ)」に登場する食糧です。

豆腐のような立方体の形をした…そう、カップヌードルの謎肉の大型版ような。

原料は…人間の肉。

つまりそういうことです。

カンビュセスの籤(くじ)の詳しいあらすじはこちら

謎な物は色んなロマンがありますね。

正体が以外と普通でガッカリした人も多いはず。

ちなみに↓の謎肉単体はまだ発売されていません…。

安心・安全な(笑)謎肉10倍入りの「カップヌードルビッグ “謎肉祭” 肉盛りペッパーしょうゆ」は9月12日発売です!

追記:めちゃめちゃ売れ過ぎで生産が追い付かず、発売休止となるようです…。

売れすぎ「カップヌードル謎肉祭」販売休止に

まだ食べてない人はお早めに!!

追記:10月24日謎肉祭がようやく復活しました!

しかし、恐らく期間限定商品ですので、食べたい人は早めに購入した方が良いと思います。

日清食品 カップヌードル 肉盛りペッパーしょうゆ ビッグ 106g×12個