こち亀40年200巻で連載終了!他の長期連載漫画は何がある?

main02

参照:http://www.j-kochikame.com/

秋本治氏の「こち亀(こちら葛飾区亀有公園前派出所)」が連載終了することになりました。

「こち亀」終了 秋本治氏が説明「両さんらしく40周年のお祭りが引き際」

SNSでは連載終了を惜しむ声が多数挙がっていました。

「少年誌の最長連載記録」でギネスにも登録される息の長い作品で、更に40年の連載期間中一度も休載はありませんでした。

漫画自体も凄いですが、秋元治氏の漫画家としてのタフさ、プロフェッショナルさも素晴らしいですね!

同じジャンプの冨樫にももう少しやる気があれば…。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

他の長期連載中の漫画

こち亀は連載期間40年、単行本200巻で終了となりますが、日本にはまだまだ長期連載中の漫画は多数あります。

ここでは現在連載継続中の作品の中で、連載期間が長いもの・単行本巻数が多いもののベスト5を発表してみたいと思います。

長期連載期間部門

1位 碧南一家

第1位は「碧南一家」です!

と言っても、この漫画ご存じの人の方が少なそうなんですが…。

これは愛知県碧南市の「広報へきなん」に掲載されている加藤まさみ氏による4コマ漫画です。

掲載期間はなんと49年7ヶ月!

1960年から始まった「碧南一家」ですが、1967年2月から加藤氏が2代目として描き続けています。

厳選された220話を掲載した単行本も発売されています。

単行本購入はこちら

2位 超人ロック

少年キング等で連載されている聖悠紀氏の作品で、連載漫画としては日本一の連載期間を誇る漫画です。

永遠に生き続ける超能力者「超人ロック」を通して宇宙時代の人類を描くSF作品。

1967年に同人誌として発行され、1977年に商業誌へ進出、同人誌の期間からの合算で掲載期間は49年となります。

掲載誌を転々とするなど継続するにあたっての障害は多かったようですが、それでも49年掲載を続けられているのはまさに聖悠紀氏の執念ですね。

超人ロック 完全版 全37巻セット

3位 タンマ君

タンマ君は東海林さだお氏んが週刊文春で毎週2ページ連載を行っている漫画です。

1968年1月に連載開始し、48年9カ月の連載ですね。

万年平社員でちょっとエッチなタンマ君を描いた作品。

単行本も発売されています。

タンマ君 (1) (文春文庫)

4位 ゴルゴ13

言わずと知れたさいとうたかを氏のハードボイルド漫画でビッグコミックにて連載されています。

殺し屋デューク・東郷こと、ゴルゴ13の活躍を描いています。

1968年11月に連載を開始し、47年11カ月の連載期間を誇ります。

商業マンガ誌だけに限定すれば最長の漫画ですね。

ゴルゴ13 TVシリーズ全50話収録 DVD BOX ヨーロッパ版

5位 サラリーマン専科

タンマ君と同じく、東海林さだお氏による週刊現代の連載漫画。

1968年11月からの連載で47年11カ月の連載期間を誇ります。

こちらも平凡なサラリーマンを描いた作品ですね。

単行本も4巻だけ発売されています。

平成サラリーマン専科―ニョーボもマキコも丸かじり (講談社文庫)

単行本巻数部門

1位 ゴルゴ13

181巻まで発売中。

こち亀が200巻で終了になったため、ここからあと20巻以上続くことになれば日本の漫画ではもっとも巻数の多い作品になりますね。

ゴルゴ13 181 (SPコミックス)

2位 ミナミの帝王

原作:天王寺大、作画:郷力也による闇金漫画です。

ドラマやVシネでもお馴染みの作品ですね。

こちらは1992年に週刊漫画ゴラクで連載を開始し、現在138巻まで発売されています。

非常に早いペースで単行本が発売されており、1巻から100巻到達までの史上最短記録を持っています。

ミナミの帝王(138) (ニチブンコミックス)

3位 クッキングパパ
うえやまとち氏によるグルメ漫画です。

以前はアニメ化・ドラマ化もされていた時期がありました。

1985年にモーニングで連載が開始され、現在137巻まで発売されています(9月23日に138巻発売予定)。

クッキングパパ(138) (モーニング KC)

4位 はじめの一歩

森川ジョージ氏によるボクシング漫画です。

1989年に週刊少年マガジンで連載が開始され114巻まで発売中(9月16日に115巻が発売予定)。

マガジンにおいて看板漫画として不動の地位を長年築いています。

ちなみに上位3作+5位が1話完結もしくは数話完結型なのに対し、「はじめの一歩」だけが継続型の漫画となっています。

はじめの一歩(115) (講談社コミックス)


5位 美味しんぼ

原作:雁屋哲、作画:花咲アキラによるグルメ漫画です。

1983年よりビックコミックで連載を開始し、現在まで111巻が発売されています。

グルメブームの火付け役とも言われています。

現在は2014年から長期休載が継続中。

美味しんぼ 111 (ビッグコミックス)

連載期間だけならこち亀以外にもモンスター級の作品がゴロゴロあるんですね…。

今後、巻数でこち亀を抜くほどの連載になりそうなのは、ゴルゴ13、ミナミの帝王辺りでしょうか?

なにはともあれ、秋元先生、40年の連載お疲れ様、楽しい話をありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする