女性の婚姻年齢18歳に引き上げ検討、男女で年齢が違うのは性差別か?

wedding-1594957_1280

女性の婚姻年齢を18歳に引き上げる案が浮上しています。

<民法>女性婚姻18歳引き上げ検討 成人年齢改正に合わせ

タイトルにあるように成人年齢を18歳に引き下げる案のついでにこちらも改正しておこうっていう形のようですね。

現行の民法では、婚姻できる年齢が男性18歳、女性16歳と定められています。

なぜ、このような男女差があるのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

現行民法で男女で婚姻年齢に違いがあるワケ

現行の民法が男女で婚姻年齢が違うのは、なんと明治時代からの名残なんです。

当時は男女の役割が明確に分けられており、「男性は家長としてお金を稼ぎ家族を養う」「女性は家を守り子どもを育てる」という価値観が前提としてありました。

ですから明治時代の民法では、女性は子どもが産める年齢となる14歳、男性は女性をリードして、責任を持つことができる16歳を成人年齢として定めていたのです。

戦後の法律改正でそれぞれ2歳ずつ婚姻年齢は引き上げられたものの、当時も男女平等という概念はほとんどなかったため、男女の婚姻年齢の違いはそのままとなっていたのです。

ですから、法律が作られた経緯からして婚姻年齢が男女で違うのは性差別だ、と言われても仕方がないと思います。

女性が外で働き、男性が主夫をする、といったライフスタイルもある現在、この法律は時代に合っていないことは間違いありません。

こういう時代にそぐわなくなっている法律は、調べてみると以外にいっぱいあります。

婚姻年齢引き上げには賛成する人が多数

上記の婚姻年齢の引き上げについてはおよそ7割が賛成、2割が反対、1割がどちらでもない、という調査結果がでています。

まぁ、現行法が時代に合わなすぎますし、あまり反対する理由もない法案ですので、賛成が多いのは納得の結果といえます。

18歳というのも高校卒業年齢ですので、妥当なところじゃないでしょうか。

反対意見としては、「男性を16歳にするべき」「男女とも17歳にするべき」「もっと引き上げるべき」などの意見があります。

ですが、成人年齢を18歳にするのだから、わざわざ別の年齢にする必要性が個人的には全く分かりませんね…。

反対意見の人も男女で年齢を同じにすることに反対している人はほとんどいませんので、成人年齢を18歳にするよりもこちらの改正案の方がすんなりと通りそうな気がします。