本当の終戦は9月2日!8月15日と9月2日に起こったこととは?【9月2日は対日戦勝記念日(VJデー) 】

stahlhelm-1618442_1280

日本で終戦記念日と言えば、8月15日です。

ですが、第2次世界大戦を戦ったアメリカ・中国・ロシアなどの国々は9月2日を対日戦勝記念日としています。

第2次世界大戦で最後に降伏したのは日本ですので、この微妙な日付の違いはおかしいですよね?

今日はどちらが本当の終戦なのかについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

8月15日に起こったこと

日本国内で、天皇陛下の玉音放送が流れた日です。

天皇陛下が国民に対し、ポツダム宣言を受け入れる宣言をし、戦いを辞めるように呼びかけました。

こうして聞くと確かに戦いの終わりですし、終戦に間違いないように思えます。

しかし、これはあくまで国内に向けての宣言であり、敵国に対して降伏を宣言したものではないのですね。

しかもです!

日本がポツダム宣言を受諾したのは、実は8月14日。

日本以外の国では既に前日には日本が降伏することが分かっており、玉音放送は国民に向けた事後報告だったのです。

9月2日に起こったこと

9月2日、日本は連合国との間の降伏文書に調印しました。

つまり、連合国と日本との間の戦争が正式に終わった日は9月2日に間違いないのですね。

その証拠として、ソ連は8月15日以降も日本を攻撃しています。

これは正式に降伏をする前であるため、国際法上も問題ない行為。

その結果、戦う意志を既に失っていた日本軍は北方領土を簡単に占領され、現在の北方領土問題へと繋がっているのです。

なぜ日本では8月15日が終戦記念日となったのか?

実は、終戦から10年ほどの間は日本の終戦記念日は8月14日ということになっていました。

これはポツダム宣言を受け入れた日ですね。

しかしその後、国民にとって印象強かった玉音放送が神格化されていき、遂に池田内閣時に8月15日が終戦記念日として正式に閣議決定。

こうして日本ではポツダム宣言受諾や、降伏文書調印といった意味を持つ日でなく、より国民にとって終戦の印象が強い日を終戦の日としたのです。

ただし、世界の常識として第2次世界大戦が終了したのは9月2日ですし、そちらの方がより本当の意味での終戦日と言えることに間違いありません。

外国の人と話す時には「終戦は8月15日だよ!」と意固地にならないように気をつけましょうね(笑)