しゃっくりが出る原因は?100回すると死ぬって本当?

TAN_nensyuhikusugidayone_TP_V

意外なしゃっくりの止め方が紹介されていました。

指を耳穴に、舌を引っ張る!?…しゃっくりの意外な止め方

しゃっくりの止め方でよく言われているのは、息を止める、水をゆっくり飲むなどが知られていますが、個人的にはこういうやり方で止まったことがありません。

この記事では、両耳に指を入れる、舌を30秒引っ張るという方法が紹介されています。

今度しゃっくりが出たらちょっと試したくなりますよね(笑)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

しゃっくりの原因とは?

しゃっくりは横隔膜が痙攣することで起こります。

横隔膜とは息を吸ったり吐いたりする時に膨らんだり萎んだりする、肺の下にある筋肉です。

横隔膜が痙攣する理由としては、

  • 大笑いする
  • 早食いでせむる
  • 刺激物(炭酸飲料・辛い物・お酒)や消化しにくい食べ物を食べる
  • 食事やたばこと一緒に空気を飲み込む

などが挙げられます。

しゃっくりが100回続くと死ぬの?

よく言われる噂としてしゃっくりが100回続くと死ぬ、というものがあります。

まぁ…死にません!(笑)

私自身100回以上連続でしゃっくりが出たことがありますが、ピンピンしてます。

なぜこのようなことが言われるのかというと、長時間(24時間以上)続くしゃっくりや頻繁にしゃっくりを繰り返す場合、様々な体内の病気のサインとなる可能性があるからです。

例えば

横隔膜の病気

肝臓や腎臓などの病気

脳や神経の病気

などなどです。

長時間のしゃっくりだけでは原因が特定できないので、もしこのようなしゃっくりが起こるようなら早めに医療機関を受診し検査をした方が良いでしょう。

沢山の原因があってどこを受診すればいいのか悩むかもしれませんが、この時受診する科としては内科で大丈夫です。