チケットの転売は違法?転売サイトはなぜあるの?

live-concert-388160_1280

音楽のライブチケット転売問題についてこんな記事がありました。

「チケット転売」は本当に悪か? 経済学的にはどう考えてもOKです

私もどちらかと言えば、チケット転売はアリだと思っています。

ですが、上記の記事にあるように音楽団体は「チケット高額転売取引問題の防止」を求める共同声明を発表しています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

現行の法律ではチケット転売は違法?

ちなみに法律的に言えば、東京都など40の都道府県でチケットを転売目的で購入する、ダフ屋行為を禁止しています。

チケットを売った場合ではなく、チケットを購入した時点で違法となります。

罰則としては、6ヶ月以下の懲役or50万円以下の罰金(東京都の場合)とかなり重めです。

ただ、「最初は行くつもりで購入したが、用事ができて行けなくなり転売した」という場合、転売目的の購入に当たらず、違法性はないようです。

現在オークションなどで出品されているチケットはこういった理由付けで出品されているんですね。

まぁ、実際に転売目的で購入したかどうかは本人しか分かりませんので、大量出品などしなければグレーゾーンな部分と言えるでしょう。

なぜ、チケットだけ転売禁止なの?

この疑問が私がチケット転売がアリなんじゃないの?と思う根拠です。

世の中にはレアな限定商品なんかも沢山あり、こういうのは日常的に転売が行われています。

売る側が「お一人様○個まで」と規制することはあれど、法律的にはアウトになりません。

それなのに、なぜチケットに限って転売を条例で取り締まっているのでしょうか?

欲しい人が手に入らないというのであれば、それは限定商品にも同じことが言えます。

これだけ取り締まる意味が分からないし、そもそもこういう規制は資本主義の需要と供給のバランスを不自然にしてしまいます。

それであれば、上記の記事のように主催者側がオークション制を取り入れるなどの工夫をするべきじゃないでしょうか。

チケットを安く手に入れたいというファンの気持ちは分かりますが、資本主義的に不自然なものはいくら規制しても自然と崩壊していってしまうものではないでしょうか?