ユースホステルとは?他の宿泊方法よりも安いの?【8月26日はユースホステルの日】

beds-182964_1280

8月26日はユースホステルの日です。

ユースホステルの創始者、ドイツのリヒャルト・シルマンがユースホステルを思いついた日です。

1909年のこの日、小学校教師をしていたシルマンは、遠足で突然の豪雨に遭遇し小学校で寝泊まりしたそうです。

ここから世界中の青少年が自由に旅をできる宿泊施設の必要性を感じたことがユースホステルの設立のきっかけになったのです。

でもなぜユースホステルの日が設立した日ではなく、思いついた日なのかは謎です(笑)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

そもそもユースホステルとは?

ユースホステルは最近の若い人には少し馴染みがないかもしれません。

そう言う私も名前は聞いたことがあるけど利用したことはありません。

ユースホステルとは、主に若者をターゲットにした宿泊施設で、安価で泊まれることがウリとなっています(年齢制限があるわけではないので、年配の方でも泊まれます)。

また、部屋は男女別の相部屋となっており、他の旅行者と親しくなるチャンスの場としても親しまれていますね。

1人旅をする場合などに利用すると思いがけない友人ができるかもしれません。

ドイツから始まったユースホステル運動は世界中で展開され、日本では現在約220か所のユースホステル、世界では4000以上のユースホステルがあります。

ユースホステルは会員証を発行しており、これに入会すると1年間は非会員の場合よりも世界のユースホステルに安く宿泊することが可能です。

ユースホステルは他の宿泊方法よりも安い?

ユースホステルの宿泊費は国内の場合、素泊まり3,000円(会員時、食事代は除く)です。

都会のビジネスホテルでは1泊1万円以上も普通にありますから、一般ホテルとしては安い方だと言えるでしょう。

ただ、日本ではカプセルホテルだったり、漫画喫茶だったりと、他に3,000円以下で安く寝泊まりできるところがあり、この値段ではそこまでメリットに感じにくいかな…と思います。

ですが、旅のイベントや他の人との繋がりができるのは、圧倒的にユースホステルです。

もし、旅の途中に人との出会いやイベントを求める人は、ユースホステルを利用してみてはいかがでしょうか?

ユースホステルの詳しい情報は公式サイトをご覧ください。