女性天皇・女系天皇ってどう違うの?女系天皇がダメな理由は?

photo0000-3956

自民党幹事長が変なことを言いだしました。

二階自民幹事長、女性天皇を容認=認めねば「時代遅れ」

男性天皇が時代遅れ…?

何か高齢の方に限って、意味の分からないところで「時代遅れ」って言葉使いますよね。

この記事では女性天皇・女系天皇とがごっちゃの意味で使われていますが、女性天皇・女系天皇では全く意味が異なります。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

女性天皇・女系天皇の違い

女性天皇とはそのままの意味で女性の天皇です。

現在は「皇室典範」という法律によって女性天皇は禁止されていますが、歴史を遡ればこれまで8名の女性天皇が即位していますね。

現在であれば、皇室典範の改正さえすれば、愛子様、眞子様、佳子様が天皇に即位できる可能性があります。

これは実のところ、あまり大きな問題ではありません。

なぜならこの方々は皆男系天皇だからです。

本当に問題となるのは、むしろその後のことです。

これまで天皇家の相続ルールとして最も重要視されてきたのは男系天皇であるかどうか、ということです。

神武天皇の時代からこの男系ルールだけは厳密に守られてきました(事実は違うかもしれませんが、そう信じられてきました)。

男系とは父親が天皇家の血を引いていること、です。

逆に女系とは母親が天皇家の血を引いていること、を指します。

つまり女系天皇とは天皇の血を引いた母親と、皇室とは関係ない家の父親の間に生まれた子が天皇になることです。

男系にこだわる理由はとしては遺伝的な話(Y染色体を持つのは男性だけだから、男系ルールが必要)など色々ありますが、一番重要なのはこれまで2600年余りずっと天皇家は男系に引き継がれてきたということでしょう。

女系天皇を良しとした場合、全く天皇家と関係ない男性の子が天皇になり、また全然違う家系の男性の子が天皇になり…と大袈裟に言えば誰でも天皇になれてしまう可能性が出てきてしまうのです。

そのようなことから女性天皇はありかもしれないけど、女系天皇は絶対にダメ!という話が出てくるのですね。

悠仁親王が誕生し、ひとまず女性天皇問題は有耶無耶となっていますが、今の皇室典範のルールや皇室の制度では、またすぐ断絶の危機が訪れても不思議はありません。

いかにこれまでのルールを守り天皇家を存続させるかは今後もずっと考えていかなければいけない問題だと言えるでしょう。

ただ、二階氏の言うような流行り廃りで考える問題ではありませんけどね…。