琴音(欠損アイドル)がかわいい!ポジティブな性格やプロフィール!

出典:https://twitter.com/kotoprpr

「欠損バー」というのをご存じですか?

身体の一部を失った女の子達が店員として働くバーのことで、オープン時にはネットで賛否両論が巻き起こりました。

当ブログでは賛否両論はともかく、そこで働く琴音さんが可愛かったのでw、彼女のこれまでの経緯や性格について調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

琴音のプロフィールと経歴

生年月日:1993年7月3日(23歳)

プロフィールについては、これくらいしか情報がありませんでした…。

高校1年生(15歳)の時に車に轢かれて左手を失い、17歳まで入院。

1年以上も入院するほど酷かったんですね…。

退院後は高校中退しています。

その後、趣味でもあったコスプレを再開しようとしますが、ここで「手が無い人が手のあるキャラのコスプレするのって大丈夫なんだろうか?」と悩むことになります。

当時、琴音さんが悩みを相談したと思われる書き込みを見つけました。

当方事故に遭ってしまい右手が義手なのですが、義手でコスプレをするのはおかしいですか?

これが確実に琴音さんの書き込みかどうかについては、インタビューで

『どうしよう、手がなくても、手があるキャラのコスプレをしていいのかな?』と悩んだんです。それをコスプレサイトの掲示板に投稿すると、『個性的でいいんじゃない?』とレスがつき、安心しました」

と語っており、時期的にも一致するのでほぼ琴音さんの書き込みで間違いないだろうと思います。

読むと分かりますが、この時返事をした人々はみんな温かく背中を押すようなアドバイスをされていますね。

これを機に義手をつけてコスプレイベントなどに参加するようになります。

その後、義手モデルの仕事なども行うようになっていた琴音さんに「欠損Barで働かないか?」という誘いが舞い込み、2015年10月から欠損バー「ブッシュドノエル」で働くようになったのです。

「ブッシュドノエル」はいつも同じところで営業しているお店ではなく、不定期で場所を借りて行っているバー。

そのため、琴音さん達は別の仕事と掛け持ちでやっているようですね。

片手を失ってもポジティブな性格が凄い!

私なんかがもし片手を失ったら「あれもできない、これもできない」と卑屈になると思うのですが、琴音さんの場合、非常にポジティブな考え方をしています。

ここではそんな琴音さんのポジティブさが分かるツイートの一部をご紹介します。

(欠損者が欠損を主張して働いている事への嫌悪感についての反論)

「欠損」というワード自体が、長らくタブー視されてきた部分がありますよね。

やっぱり見た目がインパクトあるからでしょうか?

事故の影響は手だけでなく、お腹にもあるんですね。

全てのコンプレックスを強みに変えようとする精神力は凄いです。

(手が無いとどんな事が大変か聞かれて)

私だったら出来ない事ばかり探しそう…。

(欠損バーが「見世物」と批判されることについて)

私のところにも『見世物』という声が届いたことがありますが、『一理あるな』と思いました。でもそれって、たとえば、(通常の)芸能人も同じ見世物の一人じゃないかな、と思います。私たちは、珍しいから、“見世物感”がより強いんじゃないかと思うんです

出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170314-00121089-diamond-soci&p=3

確かに見せる部分が違う(顔やスタイルと欠損の違い)だけで、見世物には変わりないですね。

嫌悪感があるのは「普通の人と違う」と感じるからでしょうか…。

ツイッターを見ると、義手に悩んでいる姿はほとんどなく、むしろ「すぐに太る」という誰でも抱える悩みの方が大きいみたいですねw

私は欠損には全く興味がありませんが、ポジティブな性格+この可愛さは充分惹かれます!