金曜ドラマ「リバース」のあらすじは?藤原竜也がこれまでにない役に!

出典:http://mantan-web.jp/

4月から始まるTBSの金曜ドラマ「リバース」の情報が解禁されました。

本作は湊かなえが原作のミステリーで、主演を藤原竜也が演じます。

また、戸田恵梨香、玉森裕太(Kis-My-Ft2)、小池徹平、三浦貴大、市原隼人なども出演が決まっていますね。

湊かなえの原作作品といえば「告白」など、人間のいやらしい部分を書いたものが多いですが、本作もそれに漏れず、またミステリーとしても面白いと評判の本になってますね。

今回は、一足先にこの「リバース」がどういうあらすじなのか?キャストは誰なのかについてまとめてみます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ドラマ「リバース」のあらすじ

藤原達也演じる深瀬和久は、32歳の冴えないサラリーマンです。

事務機器メーカーに勤めていますが、日々生きがいなく生活しており、「クローバーコーヒー」という喫茶店でコーヒーを飲むことだけを唯一の楽しみにしている地味な人物です。

越智美穂子(戸田恵梨香)とはそのお店で知り合い、恋人となっています。

そんな平凡な生活を送る深瀬和久でしたが、ある日、越智美穂子のもとに「深瀬和久は人殺しだ」という告発文が送られてきて事態は一変します。

深瀬和久は越智美穂子に10年前の事件を話すことに。

実は10年前、大学のゼミ仲間と卒業旅行に行った際、当時唯一の親友だった広沢由樹(小池徹平)が事故にあって死んでしまっていたのです。

同様の告発文はゼミ仲間の浅見康介(玉森裕太)、村井隆明(三浦貴大)、谷原康生(市原隼人)にも届いており、深瀬和久は10年前の事故の真相を探るべく動き出します。

しかし、事故を調べていくうちに親友だったはずの広沢由樹の違う顔が次々と明らかになっていく…というストーリーになっています。

果たして告発文を送ったのは一体誰なのか?

そして、事件の先に待ち受けるリバースとは?

現在判明しているキャスト

深瀬和久(藤原竜也)

「ニシダ事務機」営業部勤務の冴えないサラリーマン。32歳

越智美穂子(戸田恵梨香)

深瀬和久の恋人。30歳。「グリムパン」というパン屋で働いていいます。

浅見康介(玉森裕太)

深瀬和久の大学のゼミ仲間で32歳。告発文が届いた後、深瀬と事故の真相を調べることになります。

現在は高校教師。

広沢由樹(小池徹平)

大学時代の深瀬和久にとって唯一の親友。卒業旅行中行方不明になり、後に白骨死体が発見され、事故として処理されていました。

村井隆明( 三浦貴大)

深瀬和久のゼミ仲間で32歳。現在は県議会議員秘書をしており、父の地盤を引き継ぎ政界進出を目指している。

谷原明日香(門脇麦)

村井隆明の妹で、現在は谷原康生の妻でもある。27歳。

谷原康生(市原隼人)

深瀬和久のゼミ仲間で33歳。ゼミのリーダー的存在だった。大手企業の九条物産で働いているが上司のパワハラを受けている。

乾恭子(YOU)

「クローバー・コーヒー」マスターの妻で43歳。深瀬と越智が付き合うきっかけを作った。

広沢忠司(志賀廣太郎)

広沢由樹の父。65歳。

広沢昌子(片平なぎさ)

広沢由樹の母。57歳。由樹の死を事故だと信じられずにいる。

小笠原俊雄(武田鉄矢)

元長野県警の刑事だったが、10年前の事故について「事件性がある」と主張して左遷。

後に警察を退職し、現在はフリージャーナリストとなっている。

藤原竜也と言えば、「バトル・ロワイヤル」や「カイジ」のような極限状態を生き抜くたくましい役や「デスノート」のような知的で狂気的な役が多いのですよね。

しかし、今回演じる深瀬和久は、正反対とも言えそうな内向的でなよっとした人物のようです。

これまでとは違った藤原達也の演技に注目ですね!

先に最後まで内容を知りたい方はこちら↓

リバース