八木かなえのカップが話題に!かわいすぎる重量挙げ選手の経歴や画像まとめ

出典:http://withnews.jp/article/f0160429001qq000000000000000G00110101qq000013343A

「かわいすぎる重量挙げ選手」として注目を集める八木かなえ。

大学を卒業した途端に番組のオファーなどが殺到するなど、大注目の選手なんです。

東京オリンピックでも活躍が期待される八木かなえ選手について、今回はこれまでの経歴や画像をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

八木かなえのプロフィール

八木かなえ(やぎかなえ)

職業:ウエイトリフティング選手(女子53kg級)

生年月日: 1992年7月16日(24歳)

出身地:兵庫県神戸市

身長: 152 cm

体重:53kg前後

血液型:B型

所属:綜合警備保障(アルソック)

中学校までは器械体操をしており、全日本ジュニア選手権の個人総合で7位に入賞するほどの実力だった八木かなえ。

そんな彼女が重量挙げを始めるきっかけとなったのは、兵庫県の須磨友が丘高等学校に見学に行った際、重量挙げの選手を見たこと。

自分よりも重いバーベルを持ちあげる姿を魅力を感じ、「カッコイイ」と思ったそうです。

なかなか女子がこういうのに魅力を感じるのは珍しい気もしますが…、何かピンと来るものがあったのかもしれませんね。

そんな思いつきのような形で重量挙げに転向した八木かなえですが、競技を始めて僅か8ヶ月でアジアユース53kg級に出場し、優勝してしまいます!

それからも着実にトレーニングを重ね、2012年(20歳の時)にはロンドンオリンピック出場し12位となりました。

2016年のリオオリンピックにも2大会連続出場し、ロンドンよりも順位を上げて6位入賞を果たします。

現状、国内ではほとんど敵なしな状態ですし、2020年に控える東京オリンピックでは充分にメダルが狙える選手だと思います。

名実ともに「ポスト三宅宏実」ですね。

競技歴

2008年 アジアユース53kg級 優勝
2009年 全国高校女子選手権53kg級 優勝
2009年 世界選手権48kg級 10位
2010年 全国高校女子選手権53kg級 優勝
2011年 全国高校女子選手権53kg級 優勝
2011年 全日本女子学生選手権53kg級 優勝
2012年 全日本ジュニア選手権53kg級 優勝
2012年 全日本選手権53kg級 優勝
2012年 ロンドンオリンピック 重量挙げ 女子53kg級 12位
2012年 全国都道府県対抗女子大会53kg級 優勝
2012年 全日本大学対抗女子選手権53kg級 優勝
2013年 全日本学生選抜大会53kg級 優勝
2013年 全日本学生個人選手権53kg級 優勝
2013年 ユニバーシアード 重量挙げ 女子53kg級 金メダル
2013年 東アジア大会 重量挙げ 女子53kg級 銅メダル
2014年 全日本学生個人選手権 優勝
2015年 全日本選手権53kg級 優勝
2016年 全日本選手権53kg級 優勝
2016年 リオデジャネイロオリンピック 重量挙げ 女子53kg級 6位
2016年 いわて希望郷国体 女子53kg級 スナッチ・クリーン&ジャーク・トータル全て優勝

八木かなえのルックスやカップにも注目が!

八木かなえが注目されている理由は、選手としてすごいのはもちろんですが、そのルックスにもあります。

重量挙げという、一般的に「男受けが悪そう」な競技と、競技外で見せる可愛らしい表情のギャップに男性はメロメロに。

高校生の頃からメディアに注目されてきました。

出典:http://blog.livedoor.jp/aoba_f/archives/43933373.html

出典:http://sovicariate.org/

高校生時代の姿はぱっと見、全然重量挙げの選手に見えないですよね。

視聴者からは「かわいすぎる!」などと絶賛されていました。

そしてそんな中で、実は巨乳だということも判明。

出典:http://2ch-matomenews.com/137534/

ネットや雑誌では推定Fカップと言われており、本人が予想だにしていないであろうところで注目を集めることになりました。

最近は鍛えて全体的に大きくなっていますが、美しさは健在。

「行列のできる法律相談所」など様々なバラエティにも出演しています。

1月8日も「行列」に再出演。

「世界の渡部が究極のおもてなし!あの一言で傷ついた心を癒しますSP」というテーマで、八木かなえも言われて傷ついた話を披露するそうです。

ネットでは筋肉がついてきて「劣化した」と言われたりしていますが、本人からすればこれも結構キツイ言葉なんでしょうねぇ。

出典:http://music-book.jp/video/news/news/132439

そんな声に負けず、是非とも東京オリンピックでは大活躍してもらいたいですね。