核先制不使用をオバマ大統領が検討中!日本が反対するのはなぜ?

missile-1143116_1920

任期満了まであとわずかのオバマ大統領が、現在「核先制不使用」を検討しているようです。

<安倍首相>核先制不使用、米司令官に反対伝える 米紙報道

スポンサーリンク
スポンサードリンク

「核先制不使用」政策とは?

オバマ大統領が打ち出した、新たな核縮小政策です。

その名の通り、米国が先制攻撃に核兵器を使用しないという宣言ですね。

もし米国が核兵器を使用した場合、相手国やその友好国などが報復として核兵器で反撃する可能性が高まります。

核兵器の打ち合いになれば、戦争中の国だけでなく周辺国・更に世界中にまで深刻な被害を及ぼす可能性も考えられますよね。

オバマ大統領としては米国がその引き金になってはいけないという考えから、「核先制不使用」政策を思いついたのでしょう。

ですが、これに対し日本・韓国・英仏などが反対意見を表明しています。

核先制不使用になぜ反対するのか?

反対する顔ぶれはアメリカと友好関係にある国々です。

これらの国は、もしアメリカが核先制不使用の宣言をしてしまうと、敵対国や組織を増長させるのではないかと考えているのですね。

日本や韓国の場合は、北朝鮮・中国がその脅威と言えます。

イギリス・フランスはISなどのテロ集団やロシアでしょうか?

核兵器は最強の抑止力兵器です。

実際に撃つより「いつでも撃てるぞ!」と脅しをかけることで、敵対国にプレッシャーを与える効果が大きいのですね。

もし核先制不使用を宣言してしまえば「どうせすぐに撃てないだろ」と思われ、抑止効果が減ってしまうのです。

各国の反対だけでなく、閣僚からの反対もあるようなので、恐らく「核先制不使用」は採用されないと思います。

周辺国の脅威が日増しに大きくなる今の日本の状況では仕方ない部分もありますが、核根絶を目指している日本が、核縮小案に賛成できないのは何とも皮肉な話ですよね…。