宮城事件とは?宮城事件を扱った映画はあるの?

P1000381_TP_V

宮城事件に関わった人のインタビュー記事がヤフーニュースに掲載されていました。

宮城事件、玉音放送阻止へ偽命令 元近衛兵「慙愧に堪えない」

スポンサーリンク
スポンサードリンク

終戦直前に起きた宮城事件とは?

宮城事件とは1945年8月14日の深夜、つまり終戦直前に一部の陸軍将校・近衛兵が起こしたクーデター未遂事件です。

日本の降伏を昭和天皇が聖断し、14日の深夜に玉音放送(昭和天皇がポツダム宣言を受諾し、降伏することを伝える放送)が録音されました。

しかし、徹底抗戦・本土決戦を主張する陸軍将校・近衛兵は録音したレコード放送させまいと近衛第一師団長森赳中将を殺害し、宮城(皇居)を占拠します。

結局、陸軍首脳部などの説得にに失敗した彼らはクーデターの失敗を悔やみ自殺したり、拘束・逮捕され、15日の正午玉音放送が全国に放送され、終戦は成ったのです。

もしも、このクーデターが成功していたら…、もっと悲惨な終戦を迎える可能性があったのですね。

宮城事件を題材にした映画

この事件は「終戦」という日本にとって大きすぎる事件の闇に紛れた裏の事件なので、戦争映画でもあまり大きく取り上げられることは少ないです。

しかし、昨年公開された「日本のいちばん長い日」はこの知られざる宮城事件を描いた作品であり、かなり評価の高い作品となっています。

本木雅弘演じる昭和天皇も話題になりましたね。

Yahoo映画での評価は3.66。
その中のレビューを少しご紹介します。(参考ページ

8月に太平洋戦争が題材の映画がTV放送されるのは恒例ですが、これは他の戦争映画とはちょっと毛色が違います。
戦火に巻き込まれる市民と前線で戦う兵士の視点はあえて無くして、内閣・昭和天皇・陸軍上層部らによる終戦間際の駆け引きが描かれています。
絵 的には地味な会議・密談のシーンばかり続きますが、事態が大きく動いていくつれて段々と出演者たちの演技のボルテージが上がっていってその熱演の迫力に圧 倒させられます。熱演のあまり早口になってセリフが聞き取りづらくなるのが少々難ですので字幕表記は必須。聞き取りやすい演劇調になっても嘘くさくなるよ うな気がするので、リアルさを尊重した演出ということで私は支持したいです。

「武力ではなく話し合いで解決を」なんてよく言うけれど話し合いもまた譲れない信念をぶつけ合い、たった一つの言葉をどう解釈するかどうかをめぐって激論する壮絶な「戦い」なのだと思い知らされる作品だと個人的には思いました。
陸軍将校たちのクーデターだって結局やることは勇ましい言葉を武器にして上司を説得し放送で徹底抗戦を訴えるあくまで「話し合い」の延長線上にあるようなもの。
誰だってどんな国家だって戦争をしたくて戦争をするわけではない。国家間の外交の話し合いにおいて相手に必ず自分の言い分を通すための最終手段として武力を使いやがて戦争が起こる。むしろ話し合いから戦争は生まれるのです。
一つの言葉が持つ意味がなんと重いことか。発した人物の感情と信念が伺える一つ一つのセリフがどれも印象に残ります。
漠然としていた戦争に対するイメージが変わったような気がします。

(以下略)

前作のほうが緊迫感があり、熱演が自然だ。
魅力的な俳優がたくさん出ているので映画館で視聴したが、終戦から時が経った時期に作られた作品という感じがする。
陸軍大臣を美化しすぎているのも気になる。
激情するシーンで、台詞が聞き取りにくいところもあったのも残念。

この作品は戦争や原爆の悲惨さを伝えるというよりも鈴木総理、阿南陸相を中心に終戦間近におけるそれぞれの葛藤をメインに描いた人間ドラマです。
それゆえ原爆投下や東京大空襲の描写はかなりあっさりしています。

ただ、だからこそ政府や軍部の中心にいる人物達がそれぞれの大義と国を想う気持ちを持って行動していたんだと感じました。(今日におけるそれぞれの人物評価は別にして)
特に陸軍の暴走を見ていると当時の日本屈指のエリートですら冷静さを失ってしまうのが戦争というものなんだと感じました。

これからこの季節には毎年観ることにしようと思います。

既にDVD・ブルーレイ化しているので、興味のある方はこちらからどうぞ。

Amazonで「日本のいちばん長い日」をみてみる