大本営発表とは?今のメディアは安倍政権の大本営発表化しているのか?

OY151013131157_TP_V

ヤフーニュースで以下のような記事がありました。

「政治とメディアの距離がおかしい」 いま問い直される大本営発表の歴史(ヤフーニュース)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

大本営発表とは?

まず大本営(だいほんえい)が何かというと、日清戦争時から設置された日本軍の最高司令部のことです。

もともと「本営」という大将が控える場所の意味の言葉があり、それを仰々しくした言葉だそう。

日清戦争・日露戦争後は戦争が終わると解散されていましたが、日中戦争時に戦争中でなくても設置できるように改められ、太平洋戦争(大東亜戦争)終結まで置かれていました。

さて、大本営は1941年の太平洋戦争開戦時、不正確な内容を報道するマスメディア対策として「大本営発表」という公式発表をするようになりました(上記記事では1937年となっていますが)。

大本営発表では、当初実際の状況を正確に伝える内容でしたが、ミッドウェー海戦の敗北を機に日本が劣勢となると、現実の状況とは全く違った発表をし始めます。

ミッドウェー海戦の大本営発表を例に取ると

現実の日本軍の損害:航空母艦4隻喪失、重巡洋艦1隻喪失、重巡洋艦1隻大破、駆逐艦1隻大破、飛行機289機喪失

大本営発表の日本軍の損害:航空母艦1隻喪失、航空母艦1隻大破、巡洋艦1隻大破、未帰還機35機

と損害が大幅に少なく発表されています。

これ以降、大本営発表は日本軍が劣勢であるにも関わらず、まるで優勢であるかのような発表を繰り返します。

他のメディアも大本営発表に追随し同じような偽情報を流し、当時の日本国民は実際の戦争の状況について知ることはできなかったのでした。

このようなことから、力を持つ人から鵜呑みした情報を流すメディアのことを揶揄して、大本営発表と言われるようになったのです。

今のメディアは安倍政権の大本営発表なのか?

最初にご紹介した記事では、今のメディアに対して安倍内閣の大本営発表になりつつあるのではないか?という疑念で締めています。

確かにニュースで安倍内閣に対し批判的な事を話すと、政府・そしてネトウヨからの大量の抗議が来ることが以下の池上彰氏の発言で明らかになっています。

池上彰がテレビ局の「忖度」の裏に安倍政権の圧力があることを明言!「テレビ局には連日、抗議と“電凸“が」(ライブドアニュース)

政府の抗議については一般人に知る由もありませんが、一般の人達による「電凸しようぜ」「不買運動しようぜ」って活動は確かに多いですよね。

ですからこういった事での圧力によって大本営発表になっている可能性はないとは言えないでしょう。

ですが、それを言い訳に委縮するくらいならメディアって何のためにあるの?と言わざるをえませんよね。

いつもは数の暴力で1人を追い詰める割に、逆に責められると一気に弱腰になる、こんなメディアは何の役にも立たないと思うのですが…。

大本営発表をしないからマスゴミと言われる訳ではなく、上記のような姿勢こそがマスゴミと言われる所以なのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする