ジャガイモの中毒症状が怖い!芽を取るだけではダメらしいよ

fd400130

ヤフーニュースにて以下のような記事が出ていました。

強い中毒を引き起こす「身近にある」野菜(ヤフーニュース)

日本で最も食中毒を起こしている野菜は、ジャガイモだそうです。

ジャガイモはおかずやお菓子など色んなものに使われているので、毎日のように食べている人も多いのではないでしょうか?

私もさっきポテチを食べたところです(笑)

この記事ではジャガイモの中毒症状の危険性や、それを防ぐ方法を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ジャガイモの中毒症状が怖い…

ジャガイモには「ソラニン」と「チャコニン」という天然毒素が含まれています。

こういった有毒成分は収穫して地表に出た時からジャガイモ自らが合成しはじめるようで、購入した時には既に作り始めている状態なのです。

料理の一般常識として「ジャガイモの芽は取り除く」ように言われますが、これは芽の部分にソラニン・チャコニンが大量に含まれているからなんですね。

もし、ソラニン・チャコニンを摂取してしまった場合、食中毒で良くある吐き気やおう吐、腹痛・下痢などの症状の他、重症になると眠気や無気力、昏睡、幻覚症状もあらわれることがあるそうです。

食中毒で幻覚が見えたり、無気力になるって怖いですよね。

最悪の場合、死に至ることもあるそうです…。

ジャガイモの中毒を防ぐためには?

このような恐ろしい中毒症状にならないためには、きっちりと保管・調理する必要があります。

ソラニン・チャコニンは芽がある部分・緑色になっている部分に含まれています。

そのため、

  • ジャガイモの芽は必ず根元から取り除く。
  • 芽以外にも緑色に変色している部分はその周辺から取り除く。
  • そもそも緑色に変色したり、芽が出ているジャガイモを購入しない。
  • 小さいジャガイモを食べない(小さいジャガイモはソラニン・チャコニンが多く含まれる)

といった対策が必要になります。

また、天然毒素を作りにくくする保管方法として

  • なるべく日の当たらない場所に保管する
  • リンゴを1個一緒に保存する(芽が手にくくなるそうです)

といった対策があります。

とっても身近な存在であるジャガイモも調理方法・保管方法を間違えると恐ろしい植物に早変わりしてしまうんですね。

適切に調理して美味しく食べられるようにしたいものです。