鈴木涼美がAV女優になったきっかけは?実は超サラブレッドで高学歴!?

14301881319fea3

出典:http://sololife.jp/article/1020

今日のサンデージャポンに、元AV女優で現社会学者・作家の鈴木涼美が出演していました。

AV女優と作家・学者というのは、まるで繋がらないように思えますが、実は彼女、この2つの活動を同時進行で進めて今に至っているのです。

そんな気になる彼女のプロフィールやこれまでの活動をまとめてみました。

鈴木涼美のプロフィール

鈴木涼美(すずきすずみ) 別名義:佐藤るり(さとうるり)

職業:社会学者、作家

生年月日: 1983年7月13日(33歳)

出身地:東京都

身長:157cm(※)

3サイズ:B90 W60 H85(Hカップ)(※)

※身長・3サイズはAV女優時代の「佐藤るり」名義のものです。

AV女優になったきっかけは?

鈴木涼美は

高校:明治学院高等学校

大学:慶應義塾大学環境情報学部

大学院:東京大学大学院学際情報学府

卒業という超高学歴な女性です。

また両親も父が哲学者、母が翻訳家というもの凄く頭が良くなりそうなサラブレッド。

そんな彼女がなぜAVに出演することになったのでしょうか?

女子校生時代、当時流行っていた茶髪・褐色肌・ルーズソックスのギャルスタイルで渋谷に入り浸っていた鈴木涼美。

実はこの頃からブルセラをするなど、夜の仕事に片足を突っ込んでいたようです。

当時は「女子校生」であることにとても価値を感じていたそうです。

卒業が近づくにつれ、「女子校生ブランドがなくなると自分の価値が無くなってしまう」という危機感を感じて、猛勉強を始め、見事慶応大学に入学することになります。

「女子校生ブランド」から「慶応ブランド」に乗り換えた訳ですね。

女子校生でこのような先を見据えての方向転換はなかなかできませんよね(しかもギャルで)。

ただ、この「ブランド」とか「価値」という考え方が後々AV女優への道へ引きずりこむきっかけとなってしまったようです。

大学生になった後、彼女はホステスなどの水商売に入り、その後はAV女優のスカウトと付き合うことをきっかけとなってAVデビューをすることになります。

51sdnloaa1l

出典:http://d.hatena.ne.jp/stock/comment/20141007

結局、「女子校生時代のようにちやほやされたい」という思いが捨てきれなかったがゆえの決断だったようですね。

この後、佐藤るりという名前で、2004年~2007年くらいまでAV女優として活動を続けることになります。

この当時は、一方で大学~大学院生として、夜の女性達の研究も行っています。

AV女優から新聞社勤務、そして作家へ

AV女優は大学生~大学院生で引退し、社会人になった鈴木涼美は、2009年から2014年まで日経新聞社で勤務します。

新聞社勤務時代に、大学院の修士論文を元にした著書「「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか」を発売。

しかし、まだこの当時は自分がAV女優として活動していたことは伏せており、あくまで研究として夜の女性を扱っているという体裁だったようですね。

その後「週刊文春」において、佐藤るりは、かつて日経新聞の女性記者であった鈴木涼美であると報じられ話題に。

その後は、元AV女優の肩書を持つ、作家・社会学者として、様々な媒体にて連載を行っています。

異色な経歴なだけに今後も色んなところで唯一無二の存在として活躍しそうな鈴木涼美。

興味があれば↓の本も読んでみてください。

「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか

身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論