休眠預金法が成立!10年以上触ってない口座のお金は戻ってこなくなる?

yuki_kodomookane15144623_tp_v

今日、国会にて「休眠預金法」が成立しました。

これは、10年以上入金も出金もない(お金が全く動いていない)口座のお金を国の収入とし、貧困対策や若者支援として活用するという法律です。

以前から休眠口座の活用は議論となっていましたが、遂に正式に立法化されました。

この法律ができたことで、何か気をつけることはあるのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

これまでの休眠口座の扱い

これまでは休眠口座は郵便局・信用金庫で5年、銀行で10年と定められ、それ以上の期間が過ぎ、預金者と連絡が取れない状態になると、銀行・郵便局などの利益として計上されていました。

つまり、「預け入れた金融機関のもの」となっていた訳ですね。

これに対しては、以前から「金融機関の不労所得だ」などと不満の声も出ていました。

まぁもともと預金者は、銀行に寄付するために預金していた訳ではないでしょうからね。

それならば、もっと社会的に有意義に使った方が、忘れ去られた預金も報われるのかもしれません。

しかし、ここで1つの疑問が。

これまではいくら「休眠口座化」し、銀行の収入となったお金でも、預金者が名乗り出ればお金が帰ってくる仕組みとなっていました。

今回の法律によって、預金者のお金が国の収入となるならば、銀行からお金は帰ってこないのでしょうか?

預金の行方と負債の行方

今回作られた法律では、これまで同様に国の収入となってからも、預金者が名乗り出ればお金はちゃんと返ってくるようです。

まずここは安心しても大丈夫な様子。

次に銀行側にとっては、これまで収入となっていたものが無くなる訳で、更に休眠口座のお金を国に納めた後に預金者が現れたという場合にはどうなるのか?という点も気になります。

これまでの情報では、これは銀行の損失として扱われることになるようです。

これについての補償みたいなことについては、調べてみたがイマイチ良く分からず…。

今後国が一元管理する予定の休眠口座からの払い戻しが後々あるのかもしれませんね。

一応、銀行側としても毎年1300万口座も発生していると言われる休眠口座の維持・管理を国に丸投げできることで、余計な仕事が減り、コスト削減にも繋がるというメリットがあるようです。

しかし、これまではそれを上回るに休眠口座からの収入があったので、やっぱり銀行側が今回の法律で損をするのは間違いなさそうです。

休眠口座から支援を受ける団体は?

今回の休眠預金法で集まると見られるお金は毎年500~600億円。

子どもの貧困対策や若者支援、福祉、地域活性化などに活用されるとのことです。

まぁなんというか、綺麗な名目ですねw

こういった分野に投資することに反対する人は少ないでしょう。

しかし、こういった助成金には大抵闇が潜んでいます。

休眠口座を今後一元管理する預金保険機構の透明性の確保、交付・貸付のプロセスなどの情報公開がちゃんとなされるかを国民で監視していく必要はあるでしょう。

特に預金保険機構はただの天下り先となり、無能な無駄遣いをする可能性もこれまでの歴史上充分に考えられます。

法律的にはそれほど悪いものではないと思いますが、上手く活用できるか、ただ公務員や国会議員の懐を潤すだけなのかは今後の運営にかかっています。