SNK復活に格闘ゲームファン歓喜!社名変更で本格ゲーム制作復活か!?

2016-12-01_13h28_48

出典:https://www.snk-corp.co.jp/snk-history/

SNKプレイモアが社名を「SNK」に変更したというニュースが!

このニュースに旧SNKファンからは喜びの声が多数上がっています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

SNKの歴史

旧SNKは元々「新日本企画」という名前の会社で1973年にスタートしました。

そして1986年にSNKと社名変更します。

新(S)日本(N)企画(K)ですね。

その後、ゲームセンターの盛り上がりと共に、「餓狼伝説」「龍虎の拳」「サムライスピリッツ」など様々な名作格闘ゲームを生みだしていきました。

20140624_1231319

maxresdefault

出典:http://blog02.mi-ka-do.net/?cid=39464

そして「格闘ゲーム」というジャンルを生みだしたカプコンと並ぶ、2大2D格闘ゲームメーカーにまで成長することになったのです。

そのSNKの格闘ゲーム集大成とも言えるのが、「KOF(ザ・キングオブファイターズ)」シリーズで、SNKの様々なゲームのキャラクターが登場するお祭り格闘ゲームとして未だに親しまれています。

また、NEOGEO(ネオジオ)という独自のゲーム機も発売しており、任天堂やセガには敵わずとも、格闘ゲームファンには人気のコアなゲーム機となっていました。

しかし、格闘ゲームのブームが去った1990年代後半から急速に失墜し、遂に2001年に倒産となってしまいます。

その後、倒産したSNKの知的財産権を競売で買い取ったのが、SNKプレイモア。

SNKプレイモアになった後も引き続き「KOFシリーズ」などの新作は発表していたものの、旧SNKファンからはあまり評判が良いとは言えず、更にパチスロや携帯ゲームの方に力を入れて格闘ゲームはほとんど発売しなくなっていったため、「旧SNKの版権を食い荒らしているだけ」などと批判もされていました。

しかし、最近になって少しずつ風向きが変わり始めています。

2015年、中国のLedo Millennium社と資本提携を行い子会社化したのをきっかけに、パチスロ事業から撤退し、ゲーム事業を強化する方向へとシフトし始めたのです。

SNKは格闘ゲームで復権なるか!?

今回のSNKへの社名変更は、明らかにゲーム事業の原点に帰るというメッセージを含んだものです。

旧SNKとは違う会社であることに変わりはないですが、ゲームファンが待ち望んでいたような格闘ゲーム新作を発売してくれる可能性が出てきただけでもうれしい限り。

最近発売されたKOF最新作「THE KING OF FIGHTERS XIV」もなかなか評判良いみたいですし、今後更にノウハウを磨いて良いゲームを作ってもらいたいですね。

THE KING OF FIGHTERS XIV