限界集落って怖いところなの?日本にどれだけある?

marufuku0i9a8695_tp_v

長野県の限界集落を利用して大麻を栽培していた22人の男女が逮捕されました。

長野の限界集落で大麻=所持容疑で22人逮捕―麻薬取締部

先月、元女優の高樹沙耶が大麻所持で逮捕されたばかりですが、彼女も石垣島で栽培していました。

地方の小さな集落を利用して大麻栽培を行っている人は他にも結構いるんじゃないか…と疑いたくなる2件の事件です。

さて、今回犯罪に利用されてしまった「限界集落」という用語はご存じでしょうか?

何か名前だけ聞くと怖い感じがしますよね。

今回は、この限界集落とは何か?や、限界集落の怖い噂をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

限界集落とは?

限界集落とは、一言で言えば

過疎化、高齢化が進み、集落の機能・維持が困難になっている地域

のことです。

要するに人口が少なくおじいちゃん、おばあちゃんだらけの集落ということです。

一般的には65歳以上の人口が50%以上の地域を呼びます。

人口が50%以上高齢者って…結構ありそうですよね。

実際に2007年の国土交通省の調査では日本全国で7878か所(全体の12.7%)もあることが明らかになっています。

このような限界集落は、今後人口が増える見込みがなく、集落が消滅する危機を迎えている地域とされています。

これは2007年の調査ですので、既に無くなっている集落もあるかもしれませんね。

限界集落は怖いところ!?

このような小さな集落と言えば、ミステリー小説の舞台になったり、田舎の怪談話としての印象が深く、ちょっと怖いところと感じる人もいると思います。

そして、実際に限界集落の怖さを感じる事件も起こっています。

それが↓

山口連続殺人放火事件

8世帯12人が住む限界集落で起きた殺人放火事件。

事件の容疑者は44歳の時に神奈川県から、故郷の周南市金峰に戻り、両親の介護をしていましたが、地域に馴染めず他の住民と様々なトラブルを起こします。

  • 村人のあらゆる雑用をずっとさせられる
  • 一番若いからという理由で草刈を全部一人でやらされる
  • 自費で買った草刈り機を燃やされる
  • 近隣住民に物を取られる
  • 自宅を放火される
  • 集会で胸を刺される
  • 先祖の墓が倒される
  • 退職金を配るよう強要される
  • 村おこしを反対される
  • 農薬を撒かれて愛犬死亡

こういったトラブルが原因で、容疑者は村人5人を殺害し放火。

現在も控訴審が続いています。

出典:http://www.akb48matomemory.com/archives/1042001056.html

この事件は容疑者も性格に難があったようで、村だけが悪いとは言えません。

しかし人間関係が濃密になるため、新しく移住する人はのけ者にされやすい土壌はあるのかもしれませんね。

また、今回の事件のように空き家や空き地が増えることで犯罪組織の隠れ蓑に利用される恐れもあります。

まとめ

自治体の中には、限界集落を再生して地域活性化を図ろうとするところもあります。

中にはそれで上手くいっている地域もあるようですね。

しかし、上記の事件の中でもあるように、住民が「静かに暮らしたい」という理由で地域おこしに反対することもあります。

更に日本全体で人口は減少傾向ですし、よそ者を受け入れないような限界集落にわざわざ移住する人も多くないでしょうから過疎化対策はなかなか難しいと言えるでしょう。

まずは少子化を何とかしないと過疎化対策も進みようがないですね。

移民という話もありますが、こんな小さな集落に移民が住めば犯罪組織化されそうで怖いですよね…。