プレミアムフライデー構想で個人消費アップ!?実現するのか?

AMEd84s5_TP_V

政府や財界でプレミアムフライデーの導入が検討されているようです。

これは、月末の金曜日を15時退社にして、個人消費を増やすというもの。

以前の記事で内需が増えないのは時間的余裕がないのも一因じゃないか?と書きましたが、まさにそれを考えた経済対策ということになりますね。

サラリーマンが金曜日の15時に仕事が終わるとなれば、金曜日のうちに旅行に出発して土日をフルに使って遊べるといった月1のミニGWのような使い方もできるかもしれません。

ただ、これまでもノー残業デーを推進したりして、時間的余裕を持たせようという動きはありましたが、多くの会社で成功しているか?というと少し微妙なところ…。

今回のプレミアムフライデーは果たして上手くいくのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

プレミアムフライデーは実現する?実現しても機能するか?

プレミアムフライデー自体の実現には経済界も前向きな姿勢でプロジェクトチームを作ったりしているようなので、効果があると分かれば実現する可能性は高いかと思います。

ですが、人手不足な会社は実行するのは難しいでしょうし、大企業と中小企業の待遇の溝が更に広がることになるかもしれません。

また、ノー残業デーのように表向きは実現されても、「タイムカードだけ押して仕事する」「家に持って帰って仕事する」「他の曜日にシワ寄せが来て結局残業が多くなる」といったことになっては逆効果です。

ただプレミアムフライデーを推進するだけでなく、仕事の効率化を図ったり、人員不足を解消したりして企業が根本的に定時で帰れるような体質にしなければ、時間的余裕はなかなか生まれないのではないでしょうか?

月末の金曜日がみんなに心待ちにされるような金曜日になれば、経済効果も自然と高まるのではないでしょうか。