木村文乃が結婚!女優なのに自然体で料理上手な理由とは?男性ファンは悶絶…

e03f696b

出典:https://matome.naver.jp/odai/2140852286566753601

人気女優の木村文乃が結婚したことが明らかになりました!

お相手は事務所の運営するワークショップで演技指導の講師を務める30代後半の一般男性です。

実は2、3年前から交際していたようです。

良い意味で「芸能人っぽくない」ナチュラルな彼女にぴったりな相手ですね。

今回は木村文乃のプロフィールや料理の腕前、この結婚報道を受けたネットの声などをまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

木村文乃のプロフィール

木村文乃(きむらふみの)

職業:女優

生年月日:1987年10月19日(29歳)

出身地:東京都

身長:164cm

血液型:AB型

事務所:トライストーン・エンタテイメント

tumblr_me7f5emcxx1rq3upjo1_1280

出典:http://kaerudayo.xsrv.jp/kimurafumino-niteru-asigazou-245

女優で食べられずアルバイトしてた!?

2004年に映画「アダン」のオーディションに合格し芸能界デビュー(公開は2006年5月年)

2006年5月、映画「風のダドゥ」で初主演

同年11月、大河ドラマ「功名が辻 」でドラマ初出演

2008年には朝ドラ「だんだん」にも出演

このように順調なスタートを切った木村文乃。

映画の主演や朝ドラでブレイク間違いなし…かと思いきや、ここで急ブレーキ。

持病のアトピー性皮膚炎が悪化したり、仕事に恵まれない事が続き、一時芸能活動を休止したそうです。

この時は、ファミレス、チラシ配り、病院の受付、ウエディングの介添えなど様々なアルバイトをしていたとのこと。

木村文乃のナチュラルっぽさはこういう経験から来ているのでしょう。

また、下で紹介する料理の腕前も、この時のアルバイトや貧乏暮らしで磨かれたのかもしれませんね。

その後現在の事務所に拾われ、2011年、ちふれのCMが業界で話題となり、他のCMにも次々出演したり、2012年の朝ドラ「梅ちゃん先生」に出演などで一気に知名度があがり、女優としてブレイクを果たすことになりました。

料理が凄い!と話題

木村文乃のインスタグラムは手料理をアップしており、その見た目の美しさが話題になっています。

*** いつも通り 普通に始まりました おはよう29歳! 29歳の抱負は もう少し積極的に お肉を食べる事です。 29だけに。うふ。 * * * * ****** ここから #話が長くてごめんなさい 沢山のお祝いメッセージ ほんとにほんとーに ありがとうございます。 今のところ多分全部読んでます。 嬉しいです、ほんとに。 あと私は ちょっと表に出がちな仕事を 選んでしまっただけの 普通の29歳の人です。 もう少しらしさがあればねぇ 現場でも探されなくて 済むのだけどねぇ。あはは。 しかしですな、 コメント総数の表示と 実際に読めた件数が 絶対合ってない気がするのよ。 スパム非表示のアップデートから こうなった気がするんだけど (もちろんすぐ解除しました) そうなるとそんなつもりなくても 心なく見えてしまう人の行動が 見え隠れするから 心当たりのある方は そんな寂しい事しないで下さい。 私がイヤなのは 性的に下品な事だけで (親も見てるからさ) それ以外のテンションが 収まりきってなかったり 時に指摘してくれるコメントは むしろ有り難いと思ってます。 大好きとか愛してるとか そこがダメだよ木村、とか もっと言って下さい。善処します! あ、それと 間に合うようにと プレゼントを贈って頂いたと コメントを見かけ 出来るなら今すぐ事務所に行って そのお気持ちの一つ一つを 刻み込むように見たいのだけど 毎年誕生日とクリスマスは いつも仕事かもしくは 地方で撮影だったりしていて 私はマネジャ氏の陰謀だと思っている。 ここ何年もそう思っている。 なのでちょっと 時間がかかってしまうけど 帰ってからのご褒美にと 楽しみにしてますね! #今日のお箸置き は 可愛子ちゃんからの 可愛いアザラシ #ふみ飯

木村文乃さん(@fuminokimura_official)が投稿した写真 –

何と言っても盛り付けが素晴らしいですよね。

彼女は器マニアでもあり、料理の盛り付けをするお皿にもこだわっているみたいです。

忙しい女優さんであるにも関わらず、こんなしっかりしたお料理を作る姿に男性ファンからは「結婚したい女優No.1」とも言われてきました。

男性ファン悶絶

このように大人気の木村文乃の結婚報道で、男性ファンは…。

武井壮までw

かなり世の男性の傷は深そうですね…。

…ですが、ここは素直に祝福しましょう。

きっと楽しい家庭を築かれることだと思います。

お幸せに!