青汁はにきびに良い?おいしい青汁の選び方【10月26日は青汁の日】

green-juice-1654582_1280

10月26日は青汁の日です。

10をアルファベットのIOに見たてて「アイオー(青)」と読み、26を「汁」と読む語呂合せで、アサヒ緑健が制定しました。

最近、人気の健康食品となっている青汁。

では青汁を飲むとどんな良い効果があるのでしょうか?

また、飲みやすく続けやすい青汁もご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

青汁の効能・効果

ダイエット

青汁がダイエットに効果的というのはよく聞く話ですよね。

ただ間違えないで欲しいのは、青汁に痩せる効果が入っている訳ではありません!

食事に置き換えることで摂取カロリーを減らす(酵素ダイエット)の効果によって痩せるのです。

そのため、青汁を飲んで尚且つこれまでと同じ食事をしているのでは意味がありません。

朝食を青汁に置き換え、更に晩御飯も先に青汁を飲んで食べる量を減らす必要があります。

最初は食べる満足感が得られず不満に思うこともあるかもしれませんが、豊富な栄養が含まれているため栄養的には充分に補給できており、慣れれば問題なく(というより、より健康的に)生活することができます。

デトックス、便秘解消

青汁は食物繊維を始め、ビタミン、ミネラルも含まれているため、体内の毒素を取り除く効果(テトックス効果)が高いと言われています。

体内の毒素とは、人の身体の中で作られるアンモニアや硫化水素といったもの。

名前を聞いただけで危険な物質のイメージがありますが、不摂生な生活をしている人はこれらの毒素が溜まり放題なんです。

こういった毒素は身体のバランスを崩し、慢性的に疲れやすい、だるいといった症状を引き起こします。

これらの毒素を吸着し、便や尿として排出するのがデトックスです。

食物繊維には便秘解消効果もあるため、毒素を持った便を体外にどんどん排出することができるんですね。

美肌効果

上記のデトックス効果+ビタミン類の摂取による美肌効果も期待できます。

ビタミンにはそれぞれの効果があり

  • ビタミンCは抗酸化作用によるシミ対策やコラーゲンの生成
  • ビタミンEはコラーゲンを壊す活性酸素をブロックし、血行の良いハリやツヤを生む
  • ビタミンB群はストレス解消や代謝を促す
  • ビタミンA(βカロテン)は肌を乾燥から守る

これによって乾燥肌やシミ、ニキビなどの肌荒れを防ぎ、色つやの良い肌を維持することができるわけです。

ですから上記ビタミンが全て含まれている青汁は、簡単に美肌を実現するのに有効な飲み物と言えるのですね。

飲みやすい青汁もある?

このように健康面で様々な恩恵を受けられる青汁ですが、続けるのに苦労する場合があります。

それはマズイから、ですね。

罰ゲームで使われるこおからも分かるように普通の青汁はまずくて続けにくいのです。

しかし、最近はフルーツ青汁という飲みやすい青汁が出てきたため、この難点が解消されつつあります。

もし、

  • 最近太ってきた
  • 便秘がひどい
  • 身体が疲れやすい
  • 肌荒れが気になる

というようなお悩みがあれば、飲みやすくなったフルーツ青汁を習慣にしてみてはいかがでしょうか?

すっきりフルーツ青汁の公式サイトはこちら