リサイクルのメリット・デメリットとは?【10月20日はリサイクルの日】

pakg160323450i9a4809_tp_v

10月20日はリサクルの日です。

「ひとまわり(10)、ふたまわり(20)」の語呂合せにちなんで、日本リサイクルネットワーク会議が1990年に制定しました。

今やリサイクルの習慣は日本人に定着し、ゴミの分別など様々な部分でリサイクルが行われています。

もちろん、環境破壊や有限な資源の有効利用にリサイクルは重要な役割を果たす…と思うのですが、一方でデメリットも存在しているのをご存じでしょうか?

今回はリサイクルの日にちなんでリサイクルのメリット・デメリットをもう一度見つめ直してみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

リサイクルすることのメリット

まずはリサイクルすることで、どのような良いことがあるのか?です。

これについては多くの人がご存じだと思いますが、今一度日頃、私達が関わっているリサイクル活動にどのような効果があるのかを想像しながら読んでみてください。

ゴミが少なくなる

まず、ゴミの焼却場で燃やされる「処分されるなゴミ」が減少することが挙げられます。

自治体によって異なりますが、燃えるゴミ・不燃物以外の「ペットボトル」「カン」「ビン」など分別して捨てられるごみは、再利用するために集められています。

また、スーパーなどで回収されているトレー、牛乳パックも同様です。

全てのゴミを燃やすより、これら再利用できるものを別で回収することで単純に燃やすごみの量は減っていますよね。

資源の節約になる

上で挙げた回収品は、再び別の製品へ加工され再利用されます。

そのため、再利用した分の資源(木材・石油など)は新たに伐採したり掘ったりしなくても済むという理屈ですね。

ですが、これには少々疑問符が付くところも…。

詳しくはデメリットでご紹介します。

リサイクルのデメリット

続いてはあまり語られることのないデメリットについてです。

コストがかかる

資源ごみを回収し再利用する際、一度洗浄や分解といった工程を挟む必要があるため、天然資源で1から作る場合よりもコストがかかることが多いです。

そのため、販売しているリサイクル品って少し割高になったりしますよね。

消費者的な立場で見ると、安いものの方が手を出しやすいため、せっかく作ったリサイクル品がコストをかけた割に売れないという事態が発生し、結局資源の節約になっていない事態が生まれます。

資源ごみを加工するのにも資源を消費する

資源ごみを再利用する場合、プラスチック製品なら一度ドロドロに溶かして…みたいな工程をテレビ等で見た方もいると思います。

では、この溶かすのに使うのはなんでしょう?

石油などのエネルギー資源ですよね。

結局再利用にも資源を消費してしまうため、果たして資源の節約になっているのか?という疑問があります。

リサイクルよりもまずはリデュース、リユースを!

ということで、ごみのリサイクルは現状それなりの問題も抱えています。

そこで重要となるのが、リデュース、リユースという考え方です。

リデュースは、そもそもゴミを増やさない!という考え方。

無駄な消費を減らし、捨てる家庭のごみなるべく減らすということですね。

リユースとは、物の再利用のこと。

自分がゴミだと思っている物でも他人にとっては必要な物だという場合があります。

こういった物は譲ってなるべくゴミとして出さないってことですね。

リサイクルショップやヤフオクなどの活用で、最近は多くの人にこの考え方が浸透してきていると思います。

ただ、これも行き過ぎると今度は消費が冷え込み、経済が停滞するなどの問題も発生します。

こういった社会問題は様々な角度から検証する必要があり、簡単に全て解決とはいかないのが難しいところですね。